キャンプ道具関連

冬キャンプ対応!10万円以内でソロキャンプ装備を揃える!

こんにちは。村のカズさんです。

これからソロキャンプをはじめてみたいって方、かなり多いのではないでしょうか?

そこで必要になるのが道具類。

とはいえ、巷には様々なキャンプ道具があふれているので何を選んだら良いか迷いますよね。

この記事では、限りある予算の中で少しでも良い装備を整えたいとお考えのアナタの助けになるべく、オススメギアをチョイスしてみました。

今回の予算は、トータル10万円以内で行きたいと思います。

これだけあれば満足のいく装備を整えられそうです。

『10万円なんて持ってないよこのヤロー』と思ったアナタ!過去記事に

『2万円でソロキャンプ装備一式を揃える』

格安なのに本格的!2万円以内でソロキャンプ装備を揃える!こんにちは。村のカズさんです。 ソロキャンプをはじめたいけど、どんなギアを揃えれば良いのか迷っている。 また、費用はいくらか...

『5万円でソロキャンプ装備一式を揃える』

本格装備!5万円以内でソロキャンプ装備を揃える!こんにちは。村のカズさんです。 これからソロキャンプ装備を整えたいって方、かなり多いのではないでしょうか? とはいえ、巷には...

お手頃ながらも本格装備をまとめた記事がありますので、ぜひこちらをご覧下さい!

冬キャンプ対応!10万円以内でソロキャンプ装備を揃える!

今回の道具のチョイスは、下記の2点に留意しています。

  • 冬キャンプに対応した装備
  • バイクか車でのキャンプを想定した装備

初期装備に10万円の予算を投資できるのであれば、冬キャンプに対応した装備を揃えることができます。

さすがに『全ての装備をスノピで固めたい』などは難しいですが、最近は価格と質とデザインを兼ね揃えた素晴らしいブランドが活躍しています。

新進気鋭のブランドのギア活用し、快適かつオシャレなサイトを構築しましょう。

村のカズさん
村のカズさん
冬キャンプにも行ける装備を一式揃えたい、とお考えの方にオススメの記事です。

居住系ギア

まずはデカイところ、居住系から行きます。

これが無ければはじまらない!テント

 

テントは『WAQ Alpha T/C』をチョイス。

販売後10分で売り切れる、超人気ソロ用テントです。

WAQ Alpha T/Cの長所は

  • T/C生地(テクニカルコットン)を使用しているので、比較的火に強い
  • T/C生地を使用しているので、暖かく・遮光性が高く・結露しにくい
  • スカートを装備しているの、冬の寒さを軽減できる
  • 大柄な男性も快適に過ごせる広さがある
  • サイドフラップを装備しているので、タープが不要である

逆にWAQ Alphaの欠点は

  • 人気過ぎて品薄である
  • TC生地なので重みがあり、乾燥をサボるとカビる

オールシーズン快適に使える大満足なテント。

この品質のテントが29,800円で買えるのであれば、そりゃ買いますね。

徹底比較!バンドック『ソロティピー1TC』VS WAQ『Alpha T/C』ソロテント対決!こんにちは。村のカズさんです。 現在、下記の条件を満たすソロテントの購入を検討しています。 設営がラクなティピー型ソ...

テント:29,800円(WAQ AlphaT/C)

キャンプで最も長い時間使う道具!イス

 

イスは『フィールドア ポータブルコンパクトチェア』がオススメです。

 本家ヘリノックスの半分程度の価格でありながら、下記のような長所を持ち合わせています。

  • T/C生地(テクニカルコットン)を使用しているので、比較的火に強い
  • ロッキング機能付きでゆったり過ごせる
  • ロッキング機能付きで足が土に埋まらない

フィールドア  ポータブルコンパクトチェアの欠点は・・正直見当たりません。

過去に焚火でイスを消失させた経験から、T/C製のこのイスを一推しします!

イス:7,170円(フィールドア ポータブルコンパクトチェア)

作業空間を確保!テーブル

テーブルは『VENTLAX アルミソロテーブル』 をチョイスします。

大阪の泉州に拠点を構える新進気鋭のブランド『VENTLAX』が世に放ったプロダクト。

『WAQ超え!』新進気鋭のブランド【VENTLAX】を徹底解説!こんにちは。村のカズさんです。 久々に胸が熱くなっています。 その理由は『VENTLAX』というブランドの存在を知ったから。...

VENTLAX アルミソロテーブルの長所は下記の通りです。

  • 2020年12月に発売されたばかりの最新のテーブル
  • 耐荷重15キロ・耐熱250°cなので、タフに扱っても大丈夫
  • キャプスタのロールテーブルやスノピのオゼンライトなどよりひと回り大きい
  • 食事や作業をゆったりと行うことができる
  • ていねいなつくりでバリが無い・縁にエッジがあるので滑り止め防止

VENTLAX アルミソロテーブルの欠点は、強いて言えば組み立てにコツが要ることですが、慣れれば全く問題ありません。

価格・機能・デザインのバランスが高次元で取れている新型ソロテーブル。

それが VENTLAX アルミソロテーブルです。

テーブル:2,980円( VENTLAX アルミソロテーブル)

寝具系ギア

キャンプの成否を分ける重要アイテム、寝具系ギアのチョイスです。

快適な睡眠の肝その① シュラフ

シュラフだけはまともなモノを買っておいた方が良いです。

椅子やテーブルはチョイスを誤っても『あら残念』 で終わらせることができますが、シュラフの選択ミスは最悪命にかかわります。

スナグパック』というメーカーは、普段あまり聞くことが無いかもしれませんが、ヨーロッパでは抜群の信頼と知名度を誇るメーカーです。

今回チョイスした『ソフティーエリート4』の長所はこちら。

  • 快適使用温度~10c°で、真冬のキャンプでも大活躍
  • 軍規格の生地を使用しているので、耐久性が半端なく高い
  • インナー断熱素材には、宇宙服で使われている素材を使用
  • 化繊シュラフであるが、独自の技術により天然ダウンに近い性能を実現

欠点は化繊シュラフなので、ダウンに比較してやや重くてかさばること。

スナグパックのシュラフの性能は折り紙付きで、英国軍やNATO軍の正式装備として採用されています。

シュラフ:22,440円(スナグパック ソフティーエリート4オリーブ)

快適な睡眠の肝その② マット

 

快適な睡眠の為に、マットはケチらずに投資するべきポイントです。

VENTLAXのマット』の長所は以下の通り。

  • 厚さ8cmのインフレータブルタイプのマットで寝心地抜群
  • 空気を取り入れるバルブが2つあるので、設営時間を短縮
  • 表面生地は75デニールポリエステルの撥水加工
  • ミニバンのフルフラットにぴったりのサイズで車中泊に最適

欠点はEVAマットと比較してやや重くてかさばることですが、トータルで見ればこれ以上ないパフォーマンスのマットです。

マット:5,980円(VENTLAX インフレータブルマット)

焚火系ギア

キャンプで欠かせない楽しみの一つ、焚火系ギアのチョイスです。

焚火台

 

焚火台は『Tokyo Camp』の折りたたみ焚火台をチョイス。

Tokyo Campは2020年発足のガレージブランド。

この折りたたみ焚火台はamazonの焚火台部門で3冠(売れ筋ランク1位 欲しいものランク1位 人気ギフトランク1位)を達成した超!人気焚火台です。

買ったばかりでフィルムも剥がしてないですが、組み立てた印象を記します。

  • soomloomのパチグリルと比較して、フレームが太くしっかりしている
  • soomloomのパチグリルと比較して、天板は厚くバリもない
  • soomloomのパチグリルと比較して、天板の接合部分が外れにくい

Tokyo Camp』の折りたたみ焚火台の欠点はsoomloomのパチグリルより重いことです。

とは言え重量は965g。

堅牢さ・耐久性を担保していると思えば、納得の重みです。

焚火台:4,980円(Tokyocamp 折りたたみ焚火台)

スパッタシート

 

スパッタシートは『Greatever』というメーカーのモノをチョイス。

実際に自分が使っているシートです。

『スパッタシートなんて必要なの?』と思うかもしれませんが、マストに近い装備です。

地面の保護と火災の防止に役立ちますからね。

押しポイントは

  • 単純に安い
  • amazonの評価が高い
  • ガラス繊維製品なのに、あまりチクチクしない

といったところです。

私もまだ数回しか使ってないので耐久性に関しては未知数です。

ですが千円チョイの品なので、壊れたら壊れたで良いと割り切って使っています。

スパッタシート:1,280円(Greatever製シート

焚火用トング

 

焚火用トングには『テンマクデザイン キングトング』をチョイス。

キングトングの長所は以下の通りです。

  • 太い薪もほっそい薪も簡単につかむことができる
  • ダッチオーブンの簡易リフターとして使用可能
  • 焚火用トングの中では安価な部類

テンマクのキングトングは機能的に充分な有能ギアです。

ただし、焚火周りの雰囲気をさらに重視したい方には、『VENTLAXの TAKIBI TONGS』が抜群にオススメですね。

村のカズさん
村のカズさん
テーブルに引きつづきVENTLAXを激推ししていますが、VENTLAXさんから何か貰っている訳ではありません!

焚火用トング:1,090円(テンマクデザイン キングトング)

焚火用風防

焚火用の風防は、焚火の可能性を広げてくれるマストに近いアイテムです。

焚火用の風防を使うことで、風のある日でも焚火を楽しめるようになりますし、反射熱で驚くほど暖を取れるようになりますからね。

反射熱の効果で、ジャンジャン薪を燃やさなくとも充分に暖かいので、薪代の節約にもつながります。

風防にはいろいろ種類がありますが、『CARBABY 大型風防板』をオススメします。

理由は以下の通りです。

  • 似たような風防の中で、比較的安価である
  • 1年間のメーカーの補償付き
  • 付属の収納袋の作りがしっかりしている

欠点はバリがあるので、素手で扱う時はケガしないように要注意ってところですね。

焚火用風防:1,780円(CARBABY 大型風防板 40cm)

ナイフ

 

ナイフは必須装備ではありませんが、一本持っていると潰しが効くのでチョイスしておきます。

モーラナイフのコンパニオン ヘビーデューティー』は、安い・切れる・丈夫なナイフで、バトニングにも料理にも使うことができます。

5万円装備で紹介した『モーラナイフコンパニオンMG』よりも刃厚が7mm厚いので、よりタフに使うことができます。

素材は『カーボンスチール製』と『ステンレス製』の2種類があります。

  • カーボンスチール:切れ味は良いがすぐ錆びる
  • ステンレス:切れ味はカーボンスチールに少し劣るが錆びにくい

上記のような特徴があるので、自分に合う素材を選ぶと良いですね。

ナイフ:2,860円(モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティー)

その他のギア

その他キャンプに必要なギアのチョイスです。

クッカー

 

クッカーはメスティンがオススメです。

選定理由は以下の通りです。

  • メスティンが一つあれば、大概のモノが調理できる
  • バリ取りが不要
  • バット網・取手・収納袋がセットでお得

こだわりがあればトランギア製のメスティンが良い思いますが、トランギアメスティンは品薄なことと、なかなか定価で買えないことが欠点です。

ミリキャンプ製メスティン』は、安価なのに性能でトランギア製に劣っている訳ではありません。

バリ取りが不要な分、むしろ勝っているといえます。

こちらの4点セットは、amazonプライムならば1,980円で買えるのでかなりお得ですね。

クッカー:1,980円(ミリキャンプ メスティン4点セット)

 

ランタン

 

ランタンは『BeszingのLEDランタン』 をチョイス。

選定理由は以下の通りです。

  • 白色・昼白色・暖色の切り替えが可能で、光量調節もラク
  • USB充電式のリチウムバッテリー搭載で、ランニングコストに優れる
  • 明るさ充分。ソロキャンプならばメインランタンとして使える
  • 多機能なのに安価である
  • 防水機能を搭載している

などなど、2,480円という激安な割に非常に有能なチート君です。

欠点は雰囲気重視の方には向かないことですね。

また、キャンプではランタンは複数あった方が何かと便利なので、今回はコレを2つチョイスすることにします。

ランタン:2,480×2=4,960円(Beszing LEDランタン)

クーラーボックス

 

クーラーボックスは『イグルー マリーンウルトラ30』 をチョイス。

理由は以下の通りです。

  • イグルーブランドのネームバリューと安心感
  • 美しいビジュアル。カッコいい!
  • 価格の割に高い保冷性能。一泊二日のキャンプならば全く問題なし
  • 2リットルのペットボトルが縦に収納可能

欠点は『フタ部分にウレタンが入っていない』こと。

上部に銀マットを貼付したり、DIYでフタ部分に断熱用の発泡ウレタンスプレーを注入したりと、いろいろなカスタマイズ方法があるので、試してみるのも良いですね。

クーラーボックス:6,210円(イグルー マリーンウルトラ30)

シングルバーナー

シングルバーナーはド定番の『SOTO ST~310』をチョイス。

一推しの理由は以下の通りです。

  • マイクロレギュレーター搭載で、冬でも安心して使える
  • 独特なデザインが好み(このへんは人によりますね)
  • SOTO新製品『ミニマルワークトップ』で機能拡張が可能
まもなく発売(?)SOTO 2021年新商品【SOTO 新商品】まもなく発売(?)SOTO 2021年新商品 こんにちは。村のカズさんです。 昨年10月に発表されたSOTOの2021年新商品が...

ミニマルワークトップと組み合わせることで、さらに使い勝手が向上していますね。

欠点は散々既出で『点火しにくい・脚部が熱くなる』ところですが、専用のオプションを追加することでカバーできます。

シングルバーナー:6,380円(SOTO ST−310)

冬キャンプ対応!10万円以内でソロキャンプ装備を整える!まとめ

本気でオススメできる商品のみをトータル10万円縛りで紹介しました。

キャンプギアの予算は上を見たらキリがありませんが、この10万円装備一式はバランスが取れていると思います。

テントWAQ Alpha T/C29,800円
イスフィールドア ポータブルコンパクトチェア7,170円
テーブルVENTLAX アルミソロテーブル2,980円
シュラフスナグパック ソフティーエリート422,440円
マットVENTLAX インフレータブルマット5,980円
焚火台Tokyo Camp 折りたたみ焚火台4,980円
スパッタシートGreatever スパッタシート1,280円
焚火用トングテンマクデザイン キングトング1,090円
焚火用風防CARBABY 大型風防板1,780円
ナイフモーラナイフコンパニオン ヘビーデューティー2,860円
クッカーミリキャンプ メスティン4点セット1,980円
ランタンBeszing LEDランタン×2個4,960円
クーラーBOXイグルー マリーンウルトラ306,210円
バーナーSOTO ST−3106,380円

合計金額はなななんと!99,890円と、自分でもびっくりするくらいギリギリでした!

ただし、キャンプギアの価格は頻繁に上下するので、日により多少の価格差が生じますのでその点はご容赦ください。

この記事が皆さまのキャンプギア選定に、少しでも役にたてますように!

ではまた♪

インスタで大募集!アナタのキャンプをブログ記事にします♪新企画!アナタのキャンプをブログ記事にします♪ こんにちは!村のカズさんです。 ブログの新企画を立ち上げます。内容は『ア...
『アナタのキャンプをブログ記事にします』vol.1 高校生キャンパー yurukeiさん『アナタのキャンプをブログ記事にします』vol.1 高校生キャンパー yurukeiさん こんにちは。村のカズさんです。先日立ち上げた...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。