キャンプコラム

『WAQ超え!』新進気鋭のブランド【VENTLAX】を徹底解説!

こんにちは。村のカズさんです。

久々に胸が熱くなっています。

その理由は『VENTLAX』というブランドの存在を知ったから。

『VENTLAX』を知れば知るほど・調べれば調べるほど、只者では無いブランドだと感じます。

この記事を読み終わる頃には、アナタも『VENTLAX』が気になってしょうがない状態になると思いますよ!

では、早速解説していきます!

『WAQ超え!』新進気鋭のブランド【VENTLAX】を徹底解説!

出典:VENTLAX

Twitterをきっかけに知り合えた新進気鋭のブランド『VENTLAX』

おそらく、多くの方が『VENTLAX』について情報をお持ちではないと思うので、軽く説明しておきます。

新進気鋭のブランド『VENTLAX』とは?

『VENTLAX』は大阪泉州発祥のアウトドアブランド

出典:VENTLAX

『VENTLAX』は大阪の泉州地区に本拠を構えるアウトドアブランド。

実店舗メインではなく、ネット通販がメインの企業です。

よって、輸送費・人件費・管理費等を大幅カットできており、結果お値段以上の製品を量産できています。

VENTLAXというブランド名は

VENT = VENTILATION(ベンチレーション)

LAX = RELAX(リラックス)を合わせた造語とのこと。

『キャンプを人生の息抜きとして楽しんで欲しい』という願いが込められています。

ロゴの風車は、フランス語の VENT=風から、風車をイメージしています。

『VENTLAX』の価値観

出典:VENTLAX

  1. 高価ではなく高品質を
  2. 国境なきモノづくり
  3. キャンプで日本を元気に

高価ではなく高品質を

長く使える製品を・過不足ないスペックで提供している『VENTLAX』

我々キャンパーが普段使いする道具類を、絶妙な品質で制作しているので、結果コスパが非常に高い製品がそろっています。

また、コスパだけではなく、デザインにも優れたプロダクトが手ごろな価格で販売されているのが驚きです。

国境なきモノづくり

『VENTLAX』では、それぞれの製品に使用する部品・素材を世界各国から取り寄せています。

それも、『日本人の肌感価格』で優れていると感じるモノだけを厳選して使用しています。

『VENTLAX』独自の世界各国との繋がりを駆使したプロダクトは、まさに『メイドバイジャパン』品質です。

キャンプで日本を元気に

キャンプを通じて働く人を元気に・企業を元気に・家庭を元気にしたい。

キャンプの輪を広げることで、日本全体を元気にしたいと考えているブランド、それが『VENTLAX』です。

そんな価値観から生まれた主なプロダクトがこれだ!

TAKIBI TONGS

出典:VENTLAX

・全長42cmで炎から距離を取れる長さ
剛性と耐久性に優れた鍛造フレーム
・コイルスプリングによる快適な操作性

出典:VENTLAX

・俵型スプリングでスムーズな開閉を可能に

・程よく手になじむ弾性で扱いやすい

出典:VENTLAX

・グリップには強靭で狂いの少ない『けやき』を採用

・グリップの先端には、経年変化を楽しめる『真鍮』を採用

出典:VENTLAX

・素材:スチール、欅、真鍮

・本体サイズ:長さ420mm × 幅150mm × 高さ30mm

・本体重量:420g

・価格:4,980円(税込)

 

2021年6月現在、楽天で販売されています。

大人気商品ゆえに納品は現在1ヶ月待ちの状況です。

遅れれば遅れるほど長期間待ちになる可能性が高いので、欲しければさっさとポチった方が良さそうです。

村のカズさん
村のカズさん
どうですか!4,980円は安くはないですけど、このフォルム・この質感に凄くそそられませんか?

アルミローテーブル

出典:VENTLAX

余裕ある広さを確保。食事も作業もゆとりをもてる設計

・1分で組み立て可能。色はマッドブラックとフォレストグリーンの2種類

・重さは650g 収納時の厚さはたったの3cm

出典:VENTLAX

・ヘリ部分には落下防止の『フチ』を装備

・バリのない、丁寧でフラットなつくり

・耐荷重15キロ 耐熱250°cでタフな使用が可能

出典:VENTLAX

・天板は広さ重視の3枚タイプ(一番上の写真)と

・コンパクト重視の2枚タイプ(この写真)の2タイプがある

出典:VENTLAX

・素材:アルミニウム合金

・展開時サイズ:35×37×10cm

・収納時サイズ:13×40×3cm

・本体重量:650g(3枚天板タイプ)470g(2枚天板タイプ)

・価格:2,980円(3枚天板タイプ)1,980円(2枚天板タイプ)

 

村のカズさん
村のカズさん
記事を執筆するためにいろいろ調べていたら、余りに欲しくなりポチっちゃいました!

インフレータブルマット

出典:VENTLAX

厚さ8センチのウレタンで、底付き感も冷気もシャットアウト

バルブを緩めるだけで、約3分で設営完了できる手軽さ

出典:VENTLAX

・表面生地は75Dポリエステルで撥水加工

・マット表面には滑り止め加工されているので使用感も良好

出典:ねこてんちょーTwitter

・一枚一枚を、ていねいに人の手で製造・検品を実施

・製造工程を見せることで、製品に対する自信と誇りを感じる

・展開時サイズ:190×66×8cm

・フォームサイズ:180×58×8cm

・収納サイズ:60×20×20cm

・本体重量:2500g

・価格:5,980円(2021年4月12日現在)

 

村のカズさん
村のカズさん
調べていたら欲しくなり、このマットもポチっちゃいました!マットいっぱい持ってるのに・・!

2WAY アジャスタブルコット

・付属のレッグで『ハイコット』と『ローコット』どちらも楽しめる

・睡眠にちょうど良い600D撥水ポリエステルを使用

・独自の工法で、ギシギシ音を大幅軽減!

・フレームは超超ジュラルミン。耐荷重150キロで、ベンチのように使用可能!

・耐久性の高い素材を使用しているのに、重量はたったの3キロ!

・展開時サイズ(ロー):190×67×17cm

・展開時サイズ(ハイ):190×67×37cm

・収納サイズ:56×17×17cm

・本体重量:3,000g

・価格:14,980円(2021年4月12日現在)


 

村のカズさん
村のカズさん
勢いあまってこのコットもポチるところでした。あぶないあぶない!

3WAY ランタンスタンド

・ペグ式なので場所を選ばず設置できる

・5本のポールで高さ調整が自由自在

・素材は強くてコンパクト。タープの跳ね上げなどにも使用可能

 

・耐荷重:2kg

・本体重量:850g

・価格:2,980円(2021年6月9日現在)

 

村のカズさん
村のカズさん
新登場の商品、ランタンスタンド。バカでかいランタンでなければ充分に吊せます。amazonの評価4.6と安心。

VENTLAXのSNS展開

Twitter ねこてんちょー

Twitterでは、『VENTLAX』の広報担当猫の『ねこてんちょー』さんが活躍しています。

なんと、『ねこてんちょー』さんは、年に50泊もキャンプを楽しんでいるようです。

『ねこてんちょー』さんのTwitterは楽しいだけでなく、お得情報も満載なのでフォローを強くオススメします!

LINE

LINEでも、『VENTLAX』の広報担当 兼 カスタマーサポートの『ねこてんちょー』さんが活躍しています。

お得なクーポンなどをゲットできたりするので、こちらも登録必須ですね。

その他、ユーチューブ・インスタ・ブログなど、幅広くメディア展開されています。

LINEのトップページから各メディアにリンクできるので、まずはLINE登録をオススメします。

まとめ

  • 『VENTLAX』は大阪泉州に拠点を構える新進気鋭のブランドである。
  • 実店舗ではなく、ネット通販が中心なのでローコスト体質の企業である。
  • 原料は日本製に固執しないが、品質にはmade by Japanの拘りがある。
  • 結果として、お値段以上の商品を提供できている。
  • 価格と品質だけでなく、デザインも一流である。
  • いろいろ調べていると、本当にポチっちゃうから要注意である!

これからキャンプギアを揃えようと考え中の方・買い替えを検討中の方は『VENTLAX』を超絶オススメ致します!

私はつい最近まで、価格・デザイン・品質のバランスが取れているメーカーは、『WAQ』が最強だと思っていました。

このたび『VENTLAX』を知り、調査することで、私の中の最強ランキング1位の座が『WAQ』から『VENTLAX』に変わったのです。

その証拠に、持っているにもかかわらず、実際にテーブルとマットポチっていますからね!

村のカズさん
村のカズさん
これからの日本のキャンプギアの新たなスタンダードは『VENTLAX』が創造するのでは?と思っています。
【圧倒的寝心地】VENTLAX インフレーターマット 徹底レビュー【キャンプマットおすすめ】キャンプの睡眠を快適にするためのマストアイテムのマット。 質の高いシュラフがあっても、マットがなければ熟睡できませんからね。 ...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。