キャンプ道具関連

徹底比較!バンドック『ソロティピー1TC』VS WAQ『Alpha T/C』ソロテント対決!

こんにちは。村のカズさんです。

現在、下記の条件を満たすソロテントの購入を検討しています。

  • 設営がラクなティピー型ソロテント
  • オールシーズン使えるTC生地のソロテント
  • 構造上、タープが不要なソロテント
  • サーカスTCより小型の、持ち運びがラクなソロテント

全ての条件を満たす候補として浮上したのが

『バンドック ソロティピー1TC』

『WAQ AlphaT/C』の二幕です。

 

今回の記事では、同じような特徴をもつ『バンドック ソロティピー1TC』と『WAQ Alpha T/C』を徹底比較し、何が違うのか?どちらの幕にどんなメリット・デメリットがあるのか等を考察していきます。

村のカズさん
村のカズさん
ネットで調べたカタログスペックを比較するだけでは情報価値が低いので、不明点はメーカーに直接問合せして回答を得ています

徹底比較!『バンドック ソロティピー1TC』VS『WAQ AlphaT/C』

バンドックのソロティピー1TCとWAQのAlpha T/C。詳細の比較をする前に、大まかな類似点を確認しておきます。

  • 大柄な男性にも対応できるソロ用のティピー型テントである。
  • TC生地を採用しているオールシーズン用テントである。
  • スカートを装備しているので、冬も快適なテントである。
  • インナーテント・メインポール・サブポールが付属しているテントである。
  • ダブルファスナーなので、薪ストーブをインストールできるテントである。
  • 大人気で品切れ頻発のテントである。

テントの特徴はほぼ同一。ガチの競合商品です。ではここから詳細比較していきます。

ソロティピー1TCとAlpha TC カタログスペック比較

まずはカタログスペックを比較していきます。

ソロティピー1TCAlpha T/C
価格24,800円(税込)29,800円(税込)
収納サイズW44×D24×H24cmW57×D22×H22cm
フライサイズW240×D240×H150cmW240×D240×H150cm
インナーサイズW220×D100×H135cmW230×D110×H135cm
重量約4.8kg約6.5kg
カラーカーキとタンの2色タンのみ
耐水圧表記なし表記なし

カタログスペック・公式サイトから読み取れる内容を深堀りしてみます。

価格の違い

バンドックソロティピー1TCに対し、Alpha T/Cは5,000円高く設定されています。

後述しますが、WAQのAlpha T/Cは、バンドックソロティピー1TCの上位互換と言って良いテントですので、個人的には割高と感じません。

また、バンドックソロティピー1TCは24,800円が底値で、これ以上の値引きを見たことがありませんが、WAQ Alpha T/Cは大人気商品にもかかわらず、値引きをすることがあります。

現在も、先行販売限定で10%値引きの26,820円で購入可能とLINEで通知が届いています。

WAQ製品は定期的にセールが開催されるので、人気商品を購入したければLINE登録は必須です。

サイズの違い

フライサイズに関しては全く同じで、異なるのはインナーサイズと収納バックのサイズです。

収納バックのサイズはバンドックソロティピー1TCの方がコンパクトではありますが、バックは大きい方がラクに収納できるのは明らかです。

よって、WAQ Alpha T/Cの方が機能的に優れていると言えます。

インナーテントのサイズに関しても、WAQ Alpha T/Cの方が縦・横ともに10cm大きいです。

縦の10cmの違いは、コットをインストールした際の快適さに影響します。

コット(サイズ的にローコット推奨)で就寝する際、頭や足がテントにぶつかってしまうリスクは、バンドックソロティピー1TCの方が高いです。

横の10cmの違いは、デュオキャンプで使用できるかどうかに影響します。

横幅100cmのバンドックソロティピー1TCではデュオでの使用は厳しいですが、横幅110cmあるWAQ Alpha T/Cならば、小さい子どもと2人キャンプも可能です。

重量の違い

バンドックソロティピー1TCとWAQ Alpha T/Cでは、重さに1.7kgもの違いがあります。

同サイズのテントなのに、かなりの重量差です。

結論、重量差にはポールが大きく関係していますので、付属のポールについて比較してみます。

ソロティピー1TCAlpha T/C
ポールの太さ直径16mm直径19mm
付属サブポールの本数1本2本
サブポールにフックは?フックなしフックあり。ランタンセット可

直径3mmの違いは、数値以上に大きなインパクトがあります。

16mmのバンドックソロティピー1TCのサブポールは、設営するとかなり心もとない感じがしますが、19mmのWAQ Alpha T/Cサブポールは、頼れるサイズです。

また、フラップ部分の張り方のバリエーションに差があるため、WAQ Alpha T/Cの方がサブポールが1本多いです。

ソロティピー1のポールは『軽いけど脆弱』

Alpha T/Cのポールは『重いけど屈強』そして『張り方のバリエーションが豊富なため1本多い』点が大きな違いになります。

村のカズさん
村のカズさん
以上がカタログスペックから読み取れる違いとなります。ここから先はカタログから読み取れない部分の比較検証に移ります。

ソロティピー1TCとAlpha TC カタログ外情報の比較

幕の質に差はあるのか

個人的に気になったポイントですので、メーカーに直接確認したところ『生地の厚さは数値で比較したわけでは無いが、大差はない』と返答が返ってきました。

WAQ Alpha T/Cの方が1.7kgも重いので、幕の厚さもあると考えていましたが、そうでもなさそうです。

遮光率・撥水性能に関しても同様で、数値化していないが大差なしとのことでした。

幕質で違いがあるのは色合いです。

同じ『タンカラー』でも、WAQ Alpha T/Cの方が色が濃いとのことですので、映えやすいのではと感じます。

薪ストーブのインストールは可能か

 

結論、バンドックソロティピー1TCとWAQ Alpha T/Cどちらもインストール可能です。

ただし、ダブルジッパーの装着箇所に違いがあるので記しておきます。

ソロティピー1TCAlpha T/C
ダブルジッパー箇所数1箇所のみ2箇所
ダブルジッパーの場所テント後方のみテント入口右側・テント後方

WAQ Alpha T/Cは、テントの後方だけでなく、テントの入口右側にもダブルジッパーが装着されているので、より自由なレイアウトで薪ストーブをインストールできます。

二股化できるのか

結論、バンドックソロティピー1TCとWAQ Alpha T/Cどちらも二股化が可能です。

バンドックソロティピー1TCの純正オプションに『二股ポール』がありますので、こちらを使用すればラクに二股化することができます。

WAQ Alpha T/Cには二股化の純正オプションは現状存在しませんが、テントのサイズがソロティピー1TCと全く同じなので、バンドック製の二股ポールをそのまま使用できます。

張り方のバリエーションに違いがあるのか

バンドックソロティピー1TCとWAQ Alpha T/Cの最も大きな違いは、張り方のバリエーションの差です。

バンドックソロティピー1TCには、前方右側にジッパーが無いのですが、WAQ Alpha T/Cは前方右側にダブルジッパーを装備しているので、下記のような張り方が可能になります。

上の写真のように、サイドフラップをキャノピーのように活用する張り方(いわゆるパッカーンスタイルですね。)は、バンドックソロティピー1TCでは楽しむことができません。

WAQ Alpha T/Cは張り方のバリエーションが豊富で、サブポールが2本付属している理由はここにあります。

耐久性に差はあるのか

幕質に差は無いので、耐久性に差は無いと言いたいところですが、2つの点で大きく異なります。

  • ポールの太さ・剛性
  • メインポールを挿す部分のアダプターの有無

どちらの面においても、WAQ Alpha T/Cに軍配が上がります。

細かいところでは付属のガイロープがWAQ Alpha T/Cの方が太かったり、付属のペグの性能が高かったりと、安心設計になっています。

徹底比較のまとめ

以上、カタログスペックとカタログ外情報の比較を行いました。

主なポイントをまとめると下記の通りになります。

  • 価格はWAQ Alpha T/Cの方が5,000円高い。
  • 機能もWAQ Alpha T/Cの方が高い。
  • 耐久性もWAQ Alpha T/Cの方が高い。
  • 張り方のバリエーションもWAQ Alpha T/Cの方が多い。

5,000円の価格差は値引きセールでかなり緩和できますので、WAQ Alpha T/Cの方がパフォーマンスが高そうです。

この記事が皆さまのテント選びに、少しでもお役に立てれば幸いです。

ではまた!

 

 

【キャンプ初心者必見】冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ7選冬キャンプを快適に楽しむために、重要なポイントであるテント選び。どんな特徴のテントを選べば良いのか、分かりやすくまとめました。冬キャンプをはじめたいと考えている方は必見です!...
【格安テントから】ソロテントオススメモデル 15選【高級テントまで】『今までキャンプをしたことがないけど、ソロキャンプにチャレンジしてみたい!』『ファミキャンだけでなく、ソロキャンプも楽しんでみたい』今回の記事では、ソロキャンプデビューするに当たりオススメなテントを、価格帯別でピックアップします。...

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。