キャンプ道具関連

本格装備!5万円以内でソロキャンプ装備を揃える!

こんにちは。村のカズさんです。

これからソロキャンプ装備を整えたいって方、かなり多いのではないでしょうか?

とはいえ、巷には様々なキャンプ道具があふれているので迷いますよね。

今回の記事では、限りある予算の中で少しでも良い装備を整えたいとお考えのアナタの助けになるべく、オススメギアをチョイスしてみました。

予算は区切りが良い&現実的なところで、トータル5万円以内で行きたいと思います。

本格装備!5万円以内でソロキャンプ装備を揃える!

今回の道具のチョイスは、下記の2点に留意しています。

  • 3シーズンでの装備
  • バイクか車でのキャンプを想定した装備

せっかく5万円も出すのであれば、冬キャンプに行きたいところです。

でも正直なところ、5万円程度の装備一式では冬キャンプをオススメするのは心もとないです。(行けないことは無いですがね。)

また、トータル5万円ではUL装備(ウルトラライト)を揃えるのは難しいので、バイクか車でのキャンプを想定します。

居住系ギア

まずはデカイところ、居住系から行きます。

これが無ければはじまらない!テント

 

テントは『コールマン ツーリングドームST』をチョイス。

ややベタではありますが、オススメする以上、適当なモノを推す訳には行きません。

コールマン ツーリングドームSTは、価格・設営のしやすさ・居住性と3拍子そろっていて、オールシーズンの使用に耐えます。

欠点は人気ゆえに他のキャンパーと良くかぶること。

でも、ナチュラルカラーのツーリングドームならばかぶることも少なそうです。

テント:16,800円(コールマン ツーリングドームSTナチュラルカラー

キャンプで最も長い時間使う道具!イス

 

椅子は『ムーンレンス 2Wayローチェア』がオススメです。

価格は4,000円。アウトドアチェアとしては比較的安価な部類です。

ポイントは、一つの椅子でグラウンドチェアとローチェアの2役をこなせるところ。

キャンプスタイルを問わずに使用できますし、くつろぎたい時・作業する時に使い分けできるのでめちゃくちゃ便利です。

デザインも良く、耐荷重150キロと耐久性も問題ありません。

椅子:4,000円(ムーンレンス 2Wayローチェア)

 

作業空間を確保!テーブル

 

テーブルは『VENTLAX アルミソロテーブル』 をチョイス。

2020年12月に発売されたばかりの最新のテーブルです。

耐荷重15キロ・耐熱250°cなので、タフに扱っても大丈夫。

キャプスタのロールテーブルやスノーピークのオゼンライトなどよりひと回り大きく、食事や作業をゆったりと行うことができます。

最新ギアなので、他のキャンパーとかぶりにくい事も高評価ですね。

テーブル:2,980円( VENTLAX アルミソロテーブル)

寝具系ギア

キャンプの成否を分ける重要アイテム、寝具系ギアのチョイスです。

快適な睡眠の肝その①!シュラフ

 

シュラフだけはまともなモノを買っておいた方が良いです。

椅子やテーブルはチョイスを誤っても『あら残念』 で終わらせることができますが、シュラフの選択ミスは最悪命にかかわります。

スナグパック』というメーカーは、普段あまり聞くことが無いかもしれませんが、ヨーロッパでは抜群の信頼と知名度を誇るメーカーです。

性能は折り紙付きで、スナグパックのシュラフは英国軍やNATO軍の正式装備として採用されています。

シュラフ:7,920円(スナグパック マリナーマミー オリーブ)

快適な睡眠の肝その②!マット

快適な睡眠の為に、マットはケチらずに投資するべきポイントです。

VENTLAXのマット』は厚さ8cmのインフレータブルタイプです。

寝心地は抜群で、設営も比較的ラクなマットです。

また、ミニバンのフルフラットにぴったりおさまるサイズで車中泊にも向いています。

VENTLAXは大阪泉州のアウトドアブランド。

安価で高品質のプロダクトを生み出す、いま注目のメーカーです。

VENTLAX 公式HP

マット:5,980円(VENTLAX インフレータブルマット)

キャンプで良く寝れない?快適な睡眠はキャンプマットの改善から!キャンプで良く寝れない?ぐっすり眠りたいのに。 『キャンプって面白いけど疲れる』と感じることはありませんか? 設営やら撤収やら作...

調理・食事系ギア

キャンプでの食を支えるアイテム、調理・食事系ギアのチョイスです。

クッカー

クッカーはメスティンがオススメです。

これ一つあれば大概のモノが調理できますからね。

こだわりがあればトランギア製のメスティンが良い思いますが、トランギアメスティンは品薄なため、なかなか定価で買えないことが欠点です。

ミリキャンプ製メスティン』は、安価なのに性能でトランギア製に劣っている訳ではありません。

バリ取りが不要な分、むしろ勝っているといえます。

こちらの4点セットは、amazonプライムならば1,980円で買えるのでかなりお得ですね。

クッカー:1,980円(ミリキャンプ メスティン4点セット)

焚火系ギア

キャンプで欠かせない楽しみの一つ、焚火系ギアのチョイスです。

焚火台

 

焚火台は『Tokyo Camp』の折りたたみ焚火台をチョイス。

Tokyo Campは2020年発足のガレージブランド。

この折りたたみ焚火台はamazonの焚火台部門で3冠(売れ筋ランク1位 欲しいものランク1位 人気ギフトランク1位)を達成した超!人気焚火台です。

詳細を調べてみると、確かにその辺のパチグリルとは出来が全く違います。

このクオリティの製品が5,000円で買えるなんて、ちょっと意味不明です。

Tokyo Camp公式HP

焚火台:4,980円(Tokyo Camp 折りたたみ焚火台)

ナイフ

 

ナイフは必須装備ではありませんが、一本持っていると潰しが効くのでチョイスしておきます。

モーラナイフのコンパニオン』は、安い・切れる・丈夫なナイフで、バトニングにも料理にも使うことができます。

とにかく有能なナイフで、『コスパ』とはこいつの為にある言葉のように思えます。

素材は『カーボンスチール製』と『ステンレス製』の2種類があります。

  • カーボンスチール:切れ味は良いがすぐ錆びる
  • ステンレス:切れ味はカーボンスチールに少し劣るが錆びにくい

上記のような特徴があるので、自分に合う素材を選ぶと良いです。

ナイフ:2,090円(Mora モーラナイフコンパニオンMG)

キャンプにアウトドアナイフは必須なの?【キャンプ ナイフ オススメ】キャンプにアウトドアナイフは必須なの? 私の趣味は刃物を研ぐこと。刃物、好きなんですよね。 こんにちは。ちょっとヤバイ奴風に登場...

その他のギア

その他キャンプに必要なギアのチョイスです。

ランタン

 

ランタンは『FinnartのLEDランタン』をチョイス。

無名メーカーの格安ランタンです。

このランタンを購入して約3年経過しますが、いまだに問題なく使用できています。

ランタンはテントに吊り下げ用と手持ち用で2つあると便利です。

FinnartのLEDランタンははじめから2個セットなので、コスパが抜群ですよ。

ランタン:1,680円(FinnartのLEDランタン2個セット)

 

バーナー

 

バーナーは無名メーカーの格安バーナーです。

えっ?と思われた方、申し訳ありません。

はい、完全に予算オーバーでした。

バーナー:1,300円(Fatrys シングルバーナー)

本当はイワタニのジュニアコンパクトバーナーをプッシュしたかったのですが、あと4,000円予算が足りなかったのです。

 

結論、54,000円あればオール新品の快適装備が整います。

贅沢をいえば60,000円あれば、小物なども充実できそうですね。

村のカズさん
村のカズさん
本当はカップやトングなども欲しいところですが、その辺は家から持っていきましょう。

5万円以内でソロキャンプ装備を整える!まとめ

テントコールマンツーリングドームST16,800円
イスムーンレンス 2Wayローチェア4,000円
テーブルVENTLAX アルミソロテーブル2,980円
シュラフスナグパック マリナーマミー オリーブ7,920円
マットVENTLAX インフレータブルマット5,980円
クッカーミリキャンプ メスティン4点セット1,980円
焚火台Tokyo Camp 折りたたみ焚火台4,980円
ナイフMora モーラナイフコンパニオンMG2,090円
ランタンFinnartのLEDランタン2個セット1,680円
バーナーFatrys シングルバーナー1,300円

合計49,710円となりました。

バーナー以外は心からオススメできますので、ソロキャンプ装備を揃える際の参考にしていただけたら嬉しく思います。

2万円・10万円でソロキャンプ装備一式を揃えた記事もありますので、興味があればこちらもどうぞ!

格安なのに本格的!2万円以内でソロキャンプ装備を揃える!こんにちは。村のカズさんです。 ソロキャンプをはじめたいけど、どんなギアを揃えれば良いのか迷っている。 また、費用はいくらか...
冬キャンプ対応!10万円以内でソロキャンプ装備を揃える!これからソロキャンプをはじめてみたいって方、かなり多いのではないでしょうか?この記事では、限りある予算の中で少しでも良い装備を整えたいとお考えのアナタの助けになるべく、オススメギアをチョイスしてみました。今回の予算は、トータル10万円以内です!...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。