キャンプ道具関連

フィールドアトンネルテント620の魅力的な特徴や注意点を徹底解説!

FIELDOOR(フィールドア)は、株式会社クローバーが展開する総合アウトドアブランド。

ワンタッチ式のポップアップタープテントを主力商品にすえ、最近はテント・タープやチェア、クーラーボックスなど、トレンドを押さえたデザインのギアを多数ラインナップしています。

そして何よりフィールドア製品の特徴は『コストパフォーマンス』の高さ

そんなフィールドアの商品の中でも『トンネルテント620』は、やりすぎ感すらただよわせるコスパの高い商品です。

今回の記事では、トンネルテント620の基本スペックや特徴、買うまえに知っておきたい注意点などを解説します。

フィールドアトンネルテント620の魅力的な特徴や注意点を徹底解説!

フィールドア トンネルテント620の基本スペック

フィールドアのトンネルテント620は、広いリビングと寝室をあわせ持つ2ルームテントです。

テント一つでリビングと寝床スペースを作れるので、タープなしでも快適にキャンプを楽しめます。

四人まで寝れるインナーテントが1つ付属しており、インナーはオプションで最大2つまでセットできます。

つまりトンネルテント1つで8人までまかなえるので、ファミリーキャンプや大人数のグループキャンプにも対応できます。

カラーは全部で4色。

どれも人気カラーで、トレンドを抑えているように感じます。

 

商品詳細(トンネルテント620)
ブランド:
フィールドア(FIELDOOR)
カラー:
・ライトベージュ
・ライトグレー
・ダークブラウン
・カーキ
サイズ:
本体サイズ : (約)260cm×620cm×195cm
インナーサイズ : (約)240cm×230cm×180cm
収納時 : (約)68cm×28cm×28cm
材質:
・フライシート : ポリエステル
・インナーテント: ポリエステル
・グラウンド : ポリエステル
・ポール :グラスファイバー
重量:
(約)13kg
耐水圧:
1,500mm以上
付属品:
・テント本体×1
・インナーテント×1
・ポール×4
・ペグ×26
・ロープ×15
・専用収納バッグ×1
・取扱説明書(日本語)

フィールドア製品は安心の1年保証付き!

トンネルテント620に限らず、フィールドア製品には1年間の保証が付いてきます。

製品側のつごうで破損などが発生した場合は、購入店に連絡することで代替品と交換してもらえます。

これだけ低価格にもかかわらず長期間の保証をするとは、メーカーも商品に対して自信を持っていることが伺えます。

当然のことながら、初期不良にも交換対応してもらえますので、商品が届いたら14日以内に検品をしておきましょう。

取り付けがカンタンな吊り下げ式インナーテント

インナーテントは吊り下げるだけなので取り付けがとてもカンタン。

インナー1つにつき大人四人まで就寝できますが、四人だとけっこうギリギリな感じです。

不安があればオプションでインナーを購入すると良いでしょう。(専用インナーは4,400円。安っ!)

また、インナーは4面をメッシュにできるので夏でも快適に過ごせます。

 

フルクローズ・フルオープンで快適にすごせる!

インナーを取り外してシェルターとして。

フルメッシュで風を通しつつ虫をシャットアウト。

フルクローズでテント内部の熱を逃がさない。

トンネルテント620は低価格なのにさまざまなシーンに対応できる、高い機能性を備えています。

プラスアルファの性能でオールシーズン対応!

上記の機能だけでもかなりの性能ですが、トンネルテント620はプラスアルファの性能を2つも備えています。それは・・

  • スカートを装備している。
  • シルバーコーティング加工されている。

スカートですきま風を防げるので冬キャンプにも対応でき、シルバーコーティングの遮熱効果で夏キャンプでも快適。

これ、ホントに2万円台のテントなんですかね〜?

DODのかまぼこテントに似ている

フィールドアテント
DODテント

フィールドアのトンネルテント620は、DODの大人気テントであるカマボコテント3にかなり似ています。

写真を見ると、遠目から見たらわからない位そっくりですね。

2つの幕の詳細を比較すると下記の通り。

フィールドアトンネルテントDODカマボコテント3M
サイズW260×D620×H195cmW300×D640×H195cm
材質ポリエステル(厚さ表記無し)

恐らく65〜75D

150Dポリエステル
重量13.0kg19.5kg
カラー4色3色
耐水圧1500mm3000mm
フレームグラスファイバー製DAC社Pressfitポール
何人用?大人4人大人5人
入手しやすさ楽天でいつでも買える抽選販売がメインで欠品する。
価格22,000円(税込)64,900円(税込)

比較すると、DODのカマボコテントの方がひとまわり大きく、造りがしっかりしています。

特筆すべきはフレームの性能差。

フィールドアのフレームはグラスファイバー製で、DODのポールはDAC社のアルミポールです。

グラスファイバーのフレームは強度に不安があるので、扱いが雑だったり、強風だったりすると折れてしまう可能性があります。

■フィールドアのここがスゴイ!

  • 圧倒的なコスパ(価格がDODの1/3)
  • 軽量で持ち運びしやすい。
  • 楽天でいつでも買える。

■フィールドアのここがイマイチ!

  • フレームの強度不足
  • あとは特に・・ないかな。。
村のカズさん
村のカズさん
熱狂的なラビッターでなければ、フィールドアでいいんじゃね?と感じます。

フィールドアトンネル620のレビューは?

フィールドアトンネル620の気になるレビューを記載しておきます。

販売して1年ほどたちましたので、レビュー数そこそこ。

総合評価は4.2とかなり高く、信頼のできる内容だと感じます。

高評価レビュー

コスパがとても良いです。
トンネル型のテントならではの設営のし易さがあり、初めてでも簡単に立てられました。
また、全てのドアがキャノピー状態に出来る為、時間の経過と共に開く場所を変える事で、幕内はきちんとした日影を確保出来ます。
使用して間もない為、耐久性は不明なので星4としました。
買って良かったです。

某メーカーの抽選がハズレこちらを購ポールが脆弱ですが、いやいや、とても良いテントと出会えました☆

気に入ったこと/コスパ最高!
きちんと扱えば年末年始の強風のふもとっぱらでも耐えれるほど。

これだけの大きさでこの値段は破格だと思います。
使い勝手や、造り込みは十分に納得できるものだと思います。
2泊3日で一夜雨が降り続け、結露は沢山ありましたが、雨漏りする事はありませんでした。4枚目の写真は結露の具合です。写真だと伝わり難いかもしれませんが。
耐水性も大丈夫そうです。
雨でもリビングが広いので、中でも快適に過ごす事ができました。
大型テントでこれだけコスパの良い製品は少ないと思われます!
買って大満足です♪

低評価レビュー

このテントは雨の日は使えません。
ベンチレーションが無く、締め切ると猛烈な結露に見舞われ、テント内のものが濡れてしまいます。
また、フライシートが無いので雨が続くと雨漏りします。
実際に8月に経験しました。
風が通らないので熱気もこもり、本当に大変な思いをします。
また、ポールがFRPで細くて耐久性や耐風性が有るとは思えません。
穏やかな晴れた乾燥している日に使えるテントと思ってください。
横幅も狭いのでテーブルや椅子その他もろもろをリビングにセットすると、歩くのも大変です。
初心者の方は買ってはいけないテントです。
テントはベンチレーションが大切です!!!

2回使用して雨漏りしました。9月と11月に使用。9月は晴天で何の不具合も感じませんでしたが11月には雨に遭遇してしまい雨がかなり漏ってしまいました。

特に、縫い目はずさんな状況でした。27,000円で購入しましたが、雨で使用できなくなるとは勿体ない事をしました。それから、ベンチレーションもなかったのも驚きでした。

村のカズさん
村のカズさん
コスパは高いが、雨風には不安というレビューが目立ちます。

フィールドアトンネルテント620の魅力的な特徴や注意点を徹底解説! まとめ

以上、フィールドアのトンネルテント620について解説しました。

トンネルテント620は、こんな方に特におすすめできるテントです。

  • コスパの良い大型テントを探している方。
  • オールシーズン使える大型テントを探している方。
  • DODのカマボコテントがなかなか買えない方。

2万円台で買えるテントとは思えないハイコスパテントであるフィールドア620。

キャンプデビューにうってつけの逸品ですので、ぜひ購入を検討してみて下さい。

 

2021年10月現在、Amazonよりも楽天の方がだいぶお安く購入できる様子です。

【キャンプ初心者必見】冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ7選冬キャンプを快適に楽しむために、重要なポイントであるテント選び。どんな特徴のテントを選べば良いのか、分かりやすくまとめました。冬キャンプをはじめたいと考えている方は必見です!...
【格安テントから】ソロテントオススメモデル 15選【高級テントまで】『今までキャンプをしたことがないけど、ソロキャンプにチャレンジしてみたい!』『ファミキャンだけでなく、ソロキャンプも楽しんでみたい』今回の記事では、ソロキャンプデビューするに当たりオススメなテントを、価格帯別でピックアップします。...
冬キャンプはこれが無いと詰み!コスパ重視の必需品13選【電源なし】ますます加熱する冬キャンプの勢い。適切な装備をそろえれば、冬キャンプは夏キャンプよりも数段快適に過ごせます。今回は、『今年こそ冬キャンプデビューしたい!』とお考えのアナタにうってつけの記事をお届け。これを読んで、冬キャンプで失敗を回避しましょう。...
【初心者必見】焚き火のやり方はこれでOK!必要な道具8つと知識を解説!キャンプの夜を彩る焚き火。星空の下、酒を飲みつつ焚き火を愛でる時間には、何ものにも代えがたい価値を感じます。はじめての焚き火を失敗せずに心から楽しむことができるように。この記事では焚き火デビュー予定の方へ向けて、必要な道具と知識を解説します。...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。