キャンプ道具関連

コスパ抜群!PIKES PEAK(パイクスピーク)パーティードームテント

PIKES PEAK(パイク スピーク)を知っていますか?

知っているアナタはかなりの買い物上手!

PIKES PEAK(パイク スピーク)は福岡県に本拠をおく国産アウトドアブランドで、キャンプ用品の他にもゴルフ用品やトレーニンググッズなどをリリースしています。

PIKES PEAKの商品はコスパが高く、キャンプ業界の価格クラッシャーと呼ばれて名高い『フィールドア』に勝るとも劣らないポテンシャルを秘めています。

そんな高コスパメーカー、PIKES PEAKが2021年にリリースした大型テント『パーティードームテント』

本格的な仕様をそなえておきながら、価格は2万円を切るというオドロキのハイコスパテントです。

今回の記事では、パーティードームテントの基本スペックや特徴、買うまえに知っておきたい注意点などを解説します。

PIKES PEAK パーティードームテントの魅力的な特徴や注意点を徹底解説!

PIKES PEAK パーティードームテントの基本スペック

PIKES PEAKのパーティードームテントは、4〜6人で使える大型のテントです。

インナーテントのサイズは300cm×300cmで、写真のように大人5人が横になっても余裕があります。

さすがに6人ではキツキツだと思いますが、3〜4人のファミリーには充分な広さです。

インナーの中の高さは170cmあるので、大柄な男性でもあまり腰を曲げることなく

移動できるのがいいですね。

腰に負担をかけない高さがあることは、地味に高評価ポイントです。

 

PIKES PEAKのパーティードームテントのカラーは全部で3色。

  • サンドカーキ
  • アプリコットベージュ
  • オリーブグリーン

自然に溶けこむナチュラルカラーを採用しており、オシャレ度も高いです。

 

商品詳細(PIKES PEAK パーティードームテント)
ブランド:PIKES PEAK(日本のメーカー)
カラー:
・アプリコットベージュ
・オリーブグリーン
・サンドカーキ
サイズ:
本体サイズ : (約)300cm×530cm×180cm
インナーサイズ : (約)300cm×300cm×170cm
収納時 : (約)58cm×33cm×28cm
材質:
・フライシート : ポリエステル
・インナーテント: ポリエステル
・ポール :グラスファイバー
重量:
(約)9.5kg
耐水圧:
2,000mm
付属品:
・テント本体×1
・インナーテント×1
・ポール×3
・ペグ×25
・ロープ×11
・専用収納バッグ×1
・キャノピーポール×2

これだけのハイコスパ商品にもかかわらず、PIKES PEAKの商品には1年保証がついています。

また、PIKES PEAKは日本のメーカーなのでカスタマー対応も安心。

日本人スタッフが日本語で親切に対応してくれます。

パーティードームテントの特徴は?

たった2万円でお釣りがくる、ハイコスパ商品のパーティードームテント。

パーティードームテントは安いだけでなく、さまざまなギミックを備えた本格的なテントです。

前後にキャノピーがある

一般的なドームテントのキャノピーは、前面にしかありませんが、パーティードームテントは前後にキャノピーを備えています。

リビングスペースやにもつを置くスペースが2倍になるので、広々使えるのがいいですね。

パーティードームテントには、はじめからキャノピーポールが2本付属していますが、前後にキャノピーを展開したいときは、別途ポールを2本準備しておきましょう。

長さは160cmあれば充分かと思います。

 

プライバシーを確保しながら換気できる

きがえなどでプライバシーを確保したい。でも換気もしておきたい。

キャンプを長いことやっていると、そのように感じる瞬間が必ずあります。

そんな時はキャノピーをくるくるまとめて、ちょっとだけ開けておきましょう。

ありそうで無かった嬉しい工夫が施されている。

それがパイクスピークのパーティードームテントです。

強風でもテントが揺れにくい

パーティードームテントの前室には、フロントベンチレーションを採用。

前室も風をにがす構造になっているので、強風でもテントがゆれにくいです。

風に強いかどうかはテントを選ぶうえで重要なポイント。

パーティードームテントは、水準以上の耐風性能をそなえています。

メッシュで虫をシャットアウト

インナーテントにメッシュパネルが付いているので、虫をシャットアウトできます。

また、メッシュパネルは前後に装備されているので、テント内に風がとおり抜ける快適なつくりになっています。

前面だけでなく、前後ですよ? 2万円しないテントでですよ?

サークルベンチレーションで夏でも涼しい

テントの下部から空気を取り入れ、テント上部から空気をにがす『サークルベンチレーション』を採用しています。

これにより、夏はすずしく・冬は結露が発生しにくい構造になっています。

サークルベンチレーションにより、空気が自然と入れ替わるので、テント内で息苦しさを感じることはありません。

UVカット&高い耐水性

パーティードームテントの生地の裏側にはシルバーコーティングが施されています。

シルバーコーティングによるUVのカット率は99%で、UPF(UltraViolet Protection Factor(紫外線保護指数))50+の素材を使用。

UPF50+は紫外線保護指数の最高値で、夏の太陽光の下で、皮膚が赤くなりはじめる時間を約50倍以上遅らせてくれるという数値です。

平たくいうと、このテントの中にいれば真夏でも日焼けしません。

しつこいですがこのテント、2万円以下の格安テントです。

コールマンのタフワイドドームと比較してみる

パーティードームテントの購入するか、コールマンのタフワイドドームを購入するか、迷っている方もいらっしゃると思います。

なにせ、どちらもオーソドックスなドーム型テントで、大きさや性能に共通点が多いからです。

ここではパーティードームテントとタフワイドドームの違いを検証してみます。

パーティードームテント
タフワイドドーム
パーティードームテントタフワイドドーム
本体サイズ300×530×180cm300×495×195cm
インナーサイズ300×300×170cm300×300×185cm
収納サイズ58×33×28cm72×25×23cm
何人用か4〜6人用4〜6人用
重量9.5kg10.6kg
対水圧2000mm2000mm
UVに強い?UPF50+(カット率99%)UV PRO加工(カット率表記なし)
ベンチレーション機能サークルベンチレーションサークルベンチレーション
本体素材ポリエステル(デニール表記なし)75Dポリエステル
ポール素材グラスファイバーアルミ合金
価格17,980円39,800円

パーティードームテントがタフワイドドームより優れているポイント

  • 重さ(約1キロ軽い)
  • UV(紫外線)対策の信頼度
  • 価格面(タフワイドドームの半値以下)

パーティードームテントがタフワイドドームに劣っているポイント

  • ポールの強度
  • ネームバリュー

パーティードームテントのポールはグラスファイバー製。

アルミ合金製のポールとくらべると耐久性に不安を感じますが、それでも非常にコスパの高いテントです。

パーティードームテントは、これからキャンプをはじめる方にうってつけな、扱いやすく高機能なテントだと感じます。

安く・高機能なファミリーテントを探しているのなら、その候補に『パーティードームテント』を加えてみてはいかが?

 

フィールドアトンネルテント620の魅力的な特徴や注意点を徹底解説!FIELDOOR(フィールドア)は、株式会社クローバーが展開する総合アウトドアブランド。 ワンタッチ式のポップアップタープテントを...
【キャンプ初心者必見】冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ7選冬キャンプを快適に楽しむために、重要なポイントであるテント選び。どんな特徴のテントを選べば良いのか、分かりやすくまとめました。冬キャンプをはじめたいと考えている方は必見です!...
【格安テントから】ソロテントオススメモデル 15選【高級テントまで】『今までキャンプをしたことがないけど、ソロキャンプにチャレンジしてみたい!』『ファミキャンだけでなく、ソロキャンプも楽しんでみたい』今回の記事では、ソロキャンプデビューするに当たりオススメなテントを、価格帯別でピックアップします。...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。