キャンプ道具関連

【キャンプ初心者必見】冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ7選

冬キャンプを快適に楽しむために、重要なポイントであるテント選び。

下記の条件を満たすテントは、厳しい寒さに対応できるので冬のキャンプにおすすめです。

冬キャンプで活躍できるテントのおすすめポイント

  • スカートを装備している
  • テクニカルコットン素材である
  • 換気性能が高い
  • 狭すぎず、広すぎない

スカートを装備している

スカートのメリットは、ズバリすきま風を防げること。

テント内にピューピューすきま風が入ってくると体は冷えるし心もすさみます。

スカートの有無で、体感温度はかなり変わってきますので要注意です。

重要度:

テクニカルコットン素材である

テクニカルコットン素材のテントの魅力はオールシーズン対応できること。

夏はつよい陽射しをさえぎり、冬は暖かい空気を外に逃しません。

さらに生地の網目の隙間が空気の通り道になるので、結露を起こしにくいです。

コットン素材のテントも魅力的ですが、扱いに手間がかかるのでマメな方以外はあまりおすすめできません。

重要度:

換気機能が高い

冬キャンプを快適に過ごすには、薪ストーブや石油ストーブなどの暖房器具が必要になります。

しかしながら幕内で火器を使用すると、一酸化炭素中毒になる可能性があるので大変危険です。

安全に暖房器具を使用する最低条件として、テントの上下に換気口があるテントを選びましょう。

また、薪ストーブをインストールするには、煙突穴装備orダブルジッパーのテントが便利です。

重要度:

狭すぎず、広すぎない

荷物が多くなりがちな冬キャンプでは、狭いテントはおすすめできません。(スタイルにもよりますがね。)

かといって広すぎるテントも、幕内の温度調節が難しくなるので困りものです。

狭すぎず広すぎない。

ちょうど良いと感じる絶妙な空間のテントが冬キャンプには理想的です。

重要度:

以上のポイントをふまえ、冬キャンプで活躍できるソロテントを紹介します。

冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ7選

テンマクデザイン パンダTCプラス

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 設営がカンタン。ペグを4本さしてポールを立てるだけ。
  • インナーが縦にも横にも設置できるので、設営の自由度が高い。
  • メッシュインナーが付属。
  • 参考価格:34,980円
  • 人気すぎて定価で買いにくい。

テンマクデザイン サーカスTC

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • ソロには充分な広さ。
  • ソロキャンプだけでなく、デュオでも快適。
  • 無骨なたたずまいがカッコいい。
  • 参考価格:34,980円
  • 人によっては広すぎるかも。
  • 人気すぎてキャンプ場でよくかぶる。
  • 人気すぎて定価で買いにくい。
  • インナーは別売り。

 WAQ アルファTC

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 高性能なのに30,000円を切る価格設定。
  • 人気は高いが在庫状況が落ち着いており、定価で買いやすい。
  • 前室が広いのでタープいらず。
  • バンドックソロティピー1の二又ポールが使用できる。
  • メッシュインナーが付属。
  • 参考価格:29,800円
  • ほぼ同型のバンドックソロティピー1TCより1.7kgも重い。

バンドック ソロティピー1TC

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 高性能なのにWAQアルファTCよりさらに5,000円も安い。
  • カラーバリエーション(タン・カーキ)
  • 前室が広いのでタープいらず。
  • オプションで二又ポールが使用できる。
  • メッシュインナーが付属。
  • ほぼ同型のWAQアルファTCより1.7kgも軽い。
  • 参考価格:24,480円
  • WAQテントより安くて軽い分、耐久性に不安あり。
  • WAQテントより張り方のバリエーションが少ない。
徹底比較!バンドック『ソロティピー1TC』VS WAQ『Alpha T/C』ソロテント対決!ガチの競合商品である『バンドック ソロティピー1TC』と『WAQ Alpha T/C』。徹底比較し、何が違うのか?どちらの幕にどんなメリット・デメリットがあるのか等を深く考察。買うべきテントはどっちだ?...

バンドック ソロベースEX

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 軍幕風のデザインが無骨でカッコいい。
  • ソロベースの上位互換で冬耐性がさらに向上。
  • カラーバリエーション(カーキ・サンドベージュ)
  • メッシュインナーを標準装備。
  • サイドウォールを装備しており、横からの雨風に強い。
  • 参考価格:32,800円
  • 高さが低いので、幕に頭がつく可能性あり。(110cm)

フィールドア パップテントTC320

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 四方の全ての面が開閉できる。
  • 設営のバリエーションが豊富なので、さまざまなシーンに対応。
  • 設営のバリエーションが豊富なので、飽きにくい。
  • 二又ポールが標準装備。
  • インナーテントが付属。
  • インナー入口はメッシュ・フルクローズ切り替え可能
  • 高さがあるので頭が天井につきにくい。
  • 参考価格:驚異の20,900円!
  • 収納サイズがやや大きい。
  • スカートの巻あげができない。

かまぼこテントソロTC

  • 冬キャンプで活躍できる4条件を全てクリアー。
  • 前室・寝室ともに二人でも快適に使用できる。
  • スクリーンタープのようにリビング全面をメッシュにできる。
  • 大きめのキャノピー装備でタープいらず。
  • ラビッターにはたまらない逸品。
  • 参考価格:41,470円
  • 人気のあまり品切れ気味
  • 他のソロテントに比較してデカくて重い。
  • 価格設定は他の冬用ソロテントより高め。

購入は、DOD公式ページから。

冬キャンプで活躍!ソロテントおすすめ まとめ

商品名画像サイズ・総重量・価格
テンマクデザイン

パンダTC+

  • 270×270×170(h)cm
  • 6.28kg
  • 34,980円
テンマクデザイン

サーカスTC

  • 420×442×280(h)cm
  • 10.9kg
  • 34,980円

WAQ

アルファTC

  • 240×240×150(h)cm
  • 6.5kg
  • 29,800円

バンドック

ソロティピー1

  • 240×240×150(h)cm
  • 4.8kg
  • 24,480円

バンドック

ソロベースEX

  • 360×190×110(h)cm
  • 5.2kg
  • 32,800円

フィールドア

パップテントTC320

  • 320×210×130(h)cm
  • 7.5kg
  • 20,900円

DOD

かまぼこテントソロ

  • 450×170×120(h)cm
  • 10.3kg
  • 41,470円

自分の感性とスタイルに合うソロテントを選んで、いざ冬キャンプへ!

ではまた。

【格安テントから】ソロテントオススメモデル 15選【高級テントまで】『今までキャンプをしたことがないけど、ソロキャンプにチャレンジしてみたい!』『ファミキャンだけでなく、ソロキャンプも楽しんでみたい』今回の記事では、ソロキャンプデビューするに当たりオススメなテントを、価格帯別でピックアップします。...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。