キャンプ道具関連

【キャンプ沼】使わなくなったキャンプ道具10選!売却価格も公開!

こんにちは。村のカズさんです。

キャンプを長いことやっていると、いろんなキャンプ道具を購入しますよね。

慎重に・熟考した上で購入したキャンプ道具も、キャンプスタイルの変更や嗜好の変化などで、使わなくなることも多いのではないでしょうか。

筆者はキャンプをはじめて3年が過ぎました。

この3年間、自由にできるお金のほとんどをキャンプ道具(とキャンプ自体)に費やした私が、さまざまな理由で使わなくなったキャンプ道具と売却価格を晒してみます

使わなくなったキャンプ道具10選!売却価格も公開!

コールマン タフドーム2725スターターセット

キャンプデビュー時にはじめて買ったテント。

3〜4人でのキャンプにちょうど良いサイズのテントで、色合いとコスパの高さに魅力を感じ購入したテントです。

テント本体に、インナーマットとグランドシートが付属した『スターターセット』を28,000円程で購入した記憶があります。

初テントということもあり、お気に入りだったのですが、たった3ヶ月で売却しました。

使用回数7〜8回程度
所有期間3ヶ月間
売却先メルカリに出品
購入時価格28,000円
売却時価格17,000円
売却理由ドーム型テントに飽きてしまったため
売却して一言買ったときはずっと使おうと思ってたのだけど、たった3ヶ月で売却!

スノーピーク ヴォールト

スノーピークのエントリーモデル。スノピにしては安いですが、タフドームの売上金を元手にしてやっと購入したテントです。

デザインも良く、居住性も高いテントで『スノーピークのテントってこんなにも快適なんだ!』と感じさせてくれた逸品です。

ではなぜ売却したのか?

それは、ワンポールテント『サーカスTC』が欲しくなったからです。

キャンプ沼とは良く言ったものですね。

使用回数5〜6回程度
所有期間5ヶ月間
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格28,000円
売却時価格12,000円
売却理由ワンポールティピーテントが欲しくなったため
売却して一言良いテントなので取っておけば良かったと少し後悔

サーカスTC ハーフインナーセット&マット

Amazon | テンマクデザイン サーカス インナー セット 【ハーフ】 | tent-Mark DESIGNS | テント本体

サーカスTCは床のないシェルターなので、カンガルーテントやコット、またはインナーテントが必要になります。

私が以前購入したのはハーフインナーセット。

ハーフサイズのインナーテントと、グランドシートのセットです。

確かにハーフインナーセットを使うと快適になるのですが、設営がめんどくさい&テント内が狭くなる&マットがデカすぎるという弱点がありました。

使用回数5〜6回程度
所有期間1年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格30,000円
売却時価格11,000円
売却理由新型の4/5インナーを購入したため
売却して一言4/5インナーはあらゆる意味でハーフインナーの上位互換です。
サーカスTCオプション『メッシュインナーセット4/5』購入!こんにちは。村のカズさんです。 先日、『サーカスTC・サーカスTCDX』全モデルを解説という記事を作成しました。 今回の記事...

ノーブランド シュラフ

キャンプはじめたての頃に何も分からず購入した中華製激安シュラフ。

2,000円くらいの安物シュラフにもかかわらず、-12°まで使用可能と記載されている、ある意味殺人シュラフです。

こんなペラペラなシュラフで-12°のところで眠ったら命に関わるので、表記を規制してほしいですね。

私を含め、無数のキャンプ初心者がだまされたと思います。

さて、このシュラフをキャンプデビュー時に使用したところ、臭い・寒い・ファスナー噛みまくりと散々な目にあいました。

その後たった一度の使用で売却したら、価格はたったの50円。。。

まさに安物買いの銭失いを体現したシュラフでした。

使用回数たったの1回!
所有期間たったの3日!
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格2,000円
売却時価格50円
売却理由実用に耐えない性能のため。
売却して一言本当にゴミ!初心者の皆様は買わないように気をつけて。

コールマン パフォーマーⅢ

中華製のゴミシュラフではアカンと理解し、次に購入したややまともなシュラフ。

春〜秋ならば問題なく使えましたが、冬キャンプには通用せずお役御免。

ただ、シュラフの性能が悪かった訳ではなく、用途が合わなかったため手放しただけですので、パフォーマーⅢに落ち度はありません

価格は中華製ごみシュラフの倍ほどしましたが、10倍は有能でした。

使用回数10回ほど
所有期間半年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格3,800円
売却時価格900円
売却理由冬も使えるシュラフが欲しかったため
売却して一言ある程度使い込みましたが、まずまずの価格で買取されました。

コールマン フリースEZキャリー

冬も使えるシュラフが欲しい!と購入したのがコールマンのフリースEZキャリー。

フリース素材なのでフカフカで肌ざわりが良く、冬でも充分に暖かい実用に耐えるシュラフでした。

弱点は重くでデカいこと。

家族4人分のEZキャリーを積載すると、それだけで車のトランクがパツンパツンになってしまうため、軽量&コンパクト化の対象となってしまいました。

このシュラフの後に買ったナンガオーロラ600DXは、現役で活躍中です。

使用回数10回ほど
所有期間1年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格5,800円
売却時価格1,200円
売却理由重くてデカいため。
売却して一言やはり有名メーカーの製品は、買取価格も良い傾向です。

ハイランダー インフレーターマット5cm

それなりに評価が高い、ハイランダーのインフレーターマット。

マット自体の性能は良いのですが、弱点はマクラ部分

マクラ部分はインフレーター構造ではなく、空気を入れるだけの構造なので、寝てると頭がカックンカックンしてしまいます。

最近、VENTLAXというメーカーのインフレーターマットを購入。

性能上、VENTLAXマットはハイランダーマットの完全上位のため、活躍の機会が無くなり売却となりました。

使用回数15回ほど
所有期間2年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格4,200円
売却時価格500円
売却理由マクラ部分が使えないため。
売却して一言2〜3年前は良い製品でしたが、今となっては時代遅れ感ありです。
【圧倒的寝心地】VENTLAX インフレーターマット 徹底レビュー【キャンプマットおすすめ】キャンプの睡眠を快適にするためのマストアイテムのマット。 質の高いシュラフがあっても、マットがなければ熟睡できませんからね。 ...

スノーピーク ノクターン

スノーピーク ノクターン】最小クラスでも雰囲気は十分【snowpeak レビュー】 – timeroom.space

一般的評価はかなり高い、スノーピークのノクターン。

筆者も巷の評価に釣られ購入したのですが、ちょっと残念な結果に終わりました。

ノクターンの弱点は2つ。

炎がゆらがない:炎がただ静かに、機械的に燃えているようで面白みがない。

風に弱い:屋外で使うと、気付けばいつも消えている。

ノクターンを買うならば、もうちょっと頑張ってルミエールランタンの購入をオススメします。

ルミエールは炎の揺らぎが美しいですし、風にも強いです。

使用回数10回ほど
所有期間1年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格3,600円
売却時価格900円
売却理由思ったより雰囲気が出ない。風に弱い。
売却して一言900円で売ったノクターンが、翌日店頭で2,200円で出されていました。

ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

ユニフレームのファイアグリル。

焚火台の代名詞的な存在なので、もはや説明は不要かと思います。

購入してから約2年間、キャンプには絶対に持っていく一軍のギアでしたが、ファミキャンよりソロキャンの機会が増えたことで使用機会が減っていきました。

使用回数40回ほど
所有期間2年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格6,900円
売却時価格1,000円
売却理由子どもが大きくなり、ファミキャンの出撃が減ったため。
売却して一言ガッツリ使い込んだのですが、名品だけに良い値がつきました。

クオルツ アルミGIベット

クオルツアルミGIベットは、キャンプ場での組み立てがラクなコットです。

ハイコットでフレームがガッチリしているので、寝心地も良くお気に入りのコットでした。

価格も6,000円ほどで、お値段以上の価値をもつコットです。

しかしながら、売却した理由は『重くてデカい』こと。

キャンプに行く機会が増えれば増えるほど、重くてデカいギアの持ち運びがおっくうになってくるものです。

使用回数100回ほど(しばらくの間、家でも使っていました)
所有期間1年ほど
売却先トレファクスポーツに売却
購入時価格6,600円
売却時価格600円
売却理由デカくて重いので、持ち運びが不便なため。
売却して一言デカくて重いものは、最終的に使わなくなる可能性大です。

使わなくなったキャンプ道具10選 まとめ

あくまで私の傾向ですが、使わなくなる道具の傾向は下記のようなイメージです。

  • 重くてデカいもの:キャンプに行けば行くほど使うのが億劫になります。
  • 安物買いの銭失い:ケチって低クオリティーなモノを買うと、満足できなくて買い直すことになります。
  • 一部のギアが浮く:例えば黒を基調にしたサイトに、赤のキャリーワゴンがあったら浮きますよね。配色には気をつけましょう。
  • イメージだけでポチる:評価を鵜呑みにするのではなく、実物を見てから購入すると良いです。

また、不要な道具は、トレファクスポーツなどの中古用品店よりメルカリの方が高く売却できる傾向があります。

ただしメルカリは、梱包や発送・顧客とのやり取りに手間がかかるので一長一短ですかね。

皆様もキャンプ道具を購入する際は

  • 軽くてコンパクトなモノを選ぶ。
  • 初めからケチらずに良いものを購入する。
  • サイトの全体像を思い浮かべる
  • 実物を見てから購入する

以上の4つのポイントを意識してみてください。

これだけで、無駄な買い物をかなり減らすことができると思います!

ではまた。

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。