キャンプ場レビュー

コスパ抜群!上小川レジャーペンションでファミリーキャンプ(後編)

こんにちは。村のカズさんです。

2020年11月のキャンプ

上小川レジャーペンション』でのファミリーキャンプレポの後編です。

サイトの設営完了

ツインピルツフォークの設営を完了させ、ユラユラハンモックで至高の時間を過ごします。

川のせせらぎを聴きながら、紅葉を眺めながら、なんとも贅沢なひとときです。

これだけでも『上小川レジャーペンション』に来た甲斐があったと感じます。

ちなみにこのハンモック、下の子の私物です。

amazonで2,500円くらいで購入した安物ですが、問題なく使えています。

問題ないどころか気持ち良すぎるので父親と兄が占有し、本人がなかなか使えません。

申し訳ない!

遠くからみるツインピルツフォークTC。

うーん、カッコいい♪

ツインピルツフォークTCはツーポールシェルターですが、オプションの二股ポールを使用することで更に快適なリビングスペースを確保できます。

純正品は1本15,000円程。2本買うと30,000円です。

OGAWAさん、モノは良いのかもしれませんが、こんな鉄棒1本で15,000円は高すぎですよ!

ファミコンの本体が買えちゃいますって。

袋田温泉 関所の湯で汗を流す

日没とともに近場の温泉へGO。

キャンプ場スタッフさんオススメの『袋田温泉 関所の湯』に伺いました。

上の子は温泉が好きでないようで、下の子と二人で突撃です。

上小川レジャーペンションからは車で15分程。

途中でかなり細い道を通るので、こんなところに温泉あるの?と心配になりましたがなんとか到着。

なかなか良い雰囲気をかもし出しています。

早速中に入ってみると・・

滝に打たれている仙人らしき蝋人形が!観光地にありがちなアレですね。

泉質は弱アルカリ性で、皮膚の表面がうっすらとぬめります。

美肌効果が高いのは間違いなさそうです。

露天風呂と内風呂の2種の風呂があり、温泉自体は満足できるモノでした。

平日土日祝日16時以降
大人700円1,000円500円
子供350円500円250円

料金は上記の通り。16時以降だと割引になるので、かなりお得に入浴できます。

観光客だけでなく、地元の方にも愛されている良い温泉だと感じました。

焚火〜晩ご飯〜就寝

温泉からあがり、さっぱりしたところで焚火スタート。

せっかく風呂に入ったのにここから煙まみれになります。

本来であれば焚火後に温泉に行くべきなのでしょうが、一刻も早く酒を飲みたかったのです。

メルカリで2,000円ちょいで購入したピコグリルモドキが活躍。

トータル10回は使用していますが、全くヘタれることもなく今日も絶好調です。

中華製のパチモノですが、2,000円ならばすでに元とってますね。近頃の中華製キャンプギア、あなどりがたしです。

2021年4月追記

上記のピコグリルもどきですが、トータル15回ほどの使用で結合部がゆるくなり、焚火中に本体が分離するようになってしまいました。

どうせ買うのであれば、正体不明のパチモノではなく、『Tokyo Camp』のコンパクト焚火台をオススメします。

焚火でウインナーを焼いて喰らいます。

先日ワイルドワンで購入したテレスコーピが活躍。

伸縮が自由自在&手元のダイヤル部分を回せば、先っちょのウインナーもクルクル回るというスグレモノです。

1本700円のナイスな買い物でした!

焚火に男前グリルプレートをセットして肉を焼きます。

子どもたちは野菜嫌いなので、肉のみを焼き続けます。

ユニフレームのキャンプ羽釜で炊いた白飯をオトモに、ただひたすら肉を食い続けること30分。

さすがに飽きてきたので卵スープを作成。

火にかけていた焼き芋も良い感じで仕上がりました。

ガッツリ食べて晩ご飯終了です。うまかったなー。

でも食べることに集中しすぎて写真全然撮ってないや。

寝る前に撮影したツインピルツフォークTC。

昼の姿も良いのですが、夜は白幕の美しさがひときわ目立ちます。

さてと、夜も更けてきたので就寝します。

起床〜朝ごはん〜撤収

朝6時。川のせせらぎ音で目がさめます。この上ない爽やかな朝です。

子どもたちはまだ眠っているので、ひとりテント脇のこみちを通って河原へ散歩に行きます。

朝日がさして水面と紅葉が映えますね。

キャンプの朝。

澄んだ空気の中、散歩したり、焚火をおこしたり、コーヒーをすすったり。

思い思いの時間を過ごす特別な時間です。

上小川レジャーペンションは全40サイトのキャンプ場です。

この日は満サイトでしたが、夜中騒ぐマナー違反キャンパーの姿もなく、とても快適に過ごすことができました。

7時過ぎ。子どもたちが起きてきたので朝ごはんを作ります。

ホットサンドとココアで簡単に済ませます。

ホットサンドの中身は、シンプルにチーズとベーコンのみ。

 

ホットサンドメーカーは村の鍛冶屋製。

『TSBBQ』とツバメの焼印がオシャレな大ヒット商品です。

『TSBBQホットサンドメーカー』2年半使い込んでのレビュー【キャンプ ホットサンド オススメ】『TSBBQホットサンドメーカー』2年半使い込んでのレビュー こんにちは!村のカズさんです。 キャンプでホットサンドを作りたい、...

さて、朝ごはんも食べたことだし、撤収を進めなければなりませんね。

チェックアウトは11時までです。

観光〜帰宅

後ろ髪を惹かれつつもチェックアウト完了。

いつも通り時間ギリギリでしたがなんとか間に合いました。

近隣に『袋田の滝』という日本三名瀑の一つに数えられる名瀑があるとのことで、凸してきました。

週末&紅葉のシーズンということもあり、無料駐車場は満杯。

近隣の有料駐車場に500円支払って駐車します。

駐車場から滝まで道のりは約1キロ。

道中は古き良き日本の観光地と言った感じで、かなり雰囲気があります。

途中にアップルパイ屋さんがあり、100人位の行列ができていました。

さすがにそんな行列に並ぶ気はしなかったので、他のお店でみたらし団子(300円)と焼き魚(400円)を購入。

結構美味い。

そうこうしているうちに袋田の滝に到着。

入場料はひとり300円。金取るんかい!

実際に間近でみるとかなりの絶景!こりゃ300円位喜んで払います。

ゴツゴツの岩肌に白糸のコントラストが美しいです。

滝の至近距離にある売店で、抹茶フロートを購入。

1杯550円と安くはありませんが、滝を眺めながら一服できたのは素晴らしい体験でした。

袋田の滝は眺めも良く、小一時間もあれば観光できるのでオススメのスポットです。

まとめ

上小川レジャーペンションはとても良いキャンプ場でした。

何が良いって下記の通り。

  • コスパが良い:相場より2000円〜3000円安い価格設定。
  • 設備がほど良い:トイレやシャワー室などの共用スペースが清潔。
  • サービスが良い:スタッフさんがフレンドリー。ゴミ処理無料。
  • 周辺環境が良い:久慈川が目の前。紅葉も美しい。
  • 客層が良い:マナー違反キャンパーが皆無。(これはたまたまかも。)

小さい子ども連れならば近隣のグリンヴィラオートキャンプ場の方が高評価でしょう。

上小川レジャーペンションより設備面が充実しているからです。

逆に大人だけのキャンプや、子どもがある程度大きい場合は、上小川レジャーペンション方がオススメできます。

私はグリンヴィラの人工感たっぷりのサイトよりも、上小川レジャーペンションの、程よい設備と程よい野趣のサイトの方が心地良いと感じました。

上小川レジャーペンション 評価

ソロキャンプ適正度
ファミキャン適性度
設備の充実度
設備の清潔度
首都圏からのアクセス
村のカズさん
村のカズさん
リピート確定。また近いうちにお世話になります♪

ではまた!

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。