キャンプコラム

Amazonで揃える!最安値のソロキャンプ装備一式

皆さまこんにちは!村のカズさんです。

以前ソロキャンプ装備一式を紹介する記事を執筆しました。

2万円 5万円 10万円と、それぞれの予算内でできる限りのハイコスパギアを紹介できたと自負しています。

格安なのに本格的!2万円以内でソロキャンプ装備を揃える!こんにちは。村のカズさんです。 ソロキャンプをはじめたいけど、どんなギアを揃えれば良いのか迷っている。 また、費用はいくらか...
本格装備!5万円以内でソロキャンプ装備を揃える!これからソロキャンプ装備を整えたいって方、かなり多いのではないでしょうか?今回の記事では、トータル5万円の予算でソロキャンプ一式装備をチョイスしてみました。一級品のみを選んでますので、ぜひ参照にしてください。...
冬キャンプ対応!10万円以内でソロキャンプ装備を揃える!これからソロキャンプをはじめてみたいって方、かなり多いのではないでしょうか?この記事では、限りある予算の中で少しでも良い装備を整えたいとお考えのアナタの助けになるべく、オススメギアをチョイスしてみました。今回の予算は、トータル10万円以内です!...

一方で『もっと安く揃えたい!』『2万円なんて出せないよ!』などのお声も頂戴しました。

今回は、そのようなリクエストに応えるべく、Amazonで最安値のソロキャンプ装備をピックアップしてみました。

安さだけを追求するのなら、ほぼ全ての道具を100均で調達することができます。

でも100均の道具は使えるモノも多い反面、ゴミ率が高いことも事実。

『100均の道具は不安だから使いたくないけど、できるだけお金をかけたくない』

『キャンプで使用できる最低限の機能性は担保したい』

という声を形にするため、Amazon最安値ソロキャンプギアを紹介してみます。

Amazonで揃える!最安値のソロキャンプ装備一式

居住系ギア

キャンプといえばまずテント!

 

Amazon最安値テントは、稀によく見る迷彩柄のソロテント。

大人気ユーチューバーのキャブヘイさんも愛用していた激安テントです。

ピクニック用のサンシェードや、非常用のシェルターなど、もっと安いモノもあるのですが、一般的なキャンプでとりあえず使えるレベルの品としてこちらをピックアップ。

さてこちらの迷彩柄テント、Amazonレビューを見てみると初期不良がかなり多い模様。

でも、このクオリティのテントだと、どこまでがテント本来の性能で、どこまでが初期不良なのか判断がつきにくいような気もします。

とりあえず、ちょっと強い雨には耐えられないようですのでご注意を。

テント:alomejor ソロテント 1,919円

快適なリビング空間を確保!タープ

Amazon最安値タープは、驚くなかれ、なんと500円のタープ!

アマゾンプライムでも無いのに、送料込み・税込みで500円ですよこれ。なんか色々おかしくないですか?

サイズは360cm×290cmと小柄なタープで、重量は600g、素材はポリエステルだそうです。

人柱レビューを書けるかと思い、勢いでポチってしまいました。 仮にクソ商品でも、500円ならばネタになりますしね。

後日使用レビューを執筆する予定ですので、ご期待ください。

タープ:AUWOO ヘキサタープ 500円

キャンプで最も長い時間使う道具!イス

 

Amazonでの最安値のアウトドアチェアは、キャプテンスタッグのアウトドアチェアです。

運動会などでよく見るあのちっちゃいイス。

筆者も実際に使ったことがありますが、座面が狭く背もたれも低いので、全くくつろげません。

とは言え、そこはイスの端くれ。体育すわりをするより数段快適に過ごせます。

ちなみに、あと20円課金すると、こちらのレッドバージョンが購入できます。

なんで緑バージョンより20円高いのでしょうか?全くもって謎です。

イス:キャプテンスタッグ アウトドアチェア 491円

作業空間を確保!テーブル

 

一見しておままごとセットのようなテーブル。

ヤバいテーブルかと思いきや、ドリンクホルダーが付いていたり、複数連結できたり、コンパクトに収納できたりと、案外有能かもしれません。

実際にAmazonのレビューでも4.1点で、『使いやすい』などの好意的なコメントが目立ちます。

価格は1つ当たり766円。複数購入して、組み合わせて使ってみるのも良いですね。

テーブル:伊勢藤 Picno 766円

寝具系ギア

寝れないキャンプはただの苦行!シュラフ

 

サバイバル用のアルミホイルのようなシートを除くと、Amazon最安値はこちらのキャプテンスタッグ製シュラフです。

意外や意外、中華製ではなくキャプテンスタッグなんですね。

イスに引きつづきシュラフでも最安値商品を展開している事実に、キャプスタの戦略が見え隠れします。

Amazonの評価点も4.1と高評価。長年販売されている定番商品なので、夏シュラフとして活躍できそうです。

シュラフ:キャプテンスタッグ プレーリー 982円

寝れないキャンプはただの苦行!マット

 

やはり、最安値のマットは銀マットです。

銀マットを選ぶ際にもっとも重要なのは厚さ。厚ければ厚いほど快適に過ごせます。

今回ピックアップした最安値銀マットの厚さは8mm。

めっちゃ良い、というわけではありませんが、実用に耐えられるレベル。

ワンコインの割には有能なので、買っておいて損はしないマットです。

マット:ワイズ アルミレジャーマット 478円

焚火系ギア

キャンプを楽しむなら必須!焚火台

 

Amazon最安値の焚火台は、手のひらサイズのウッドストーブ。

安価で小さいながらも、オールステンレス製なので耐久性はそこそこありそうです。

また、構造上、燃焼効率が高そうですね。

レビューも無く、聞いたことのないメーカー(360MALL)の製品ですが、この価格なら試しに買ってみるのは全然アリかと思います。

収納袋も付いているのも高評価です。

焚火台:360MALL ウッドストーブ 628円

必須じゃないけどあると便利!ナイフ

 

ナイフの用途は多岐に渡りますが、何となく焚き火系ギアにカテゴリしてみました。

焚き火でナイフと言えばバトニング。

バトニングといえばシースナイフの出番です。

ということで、最安のシースナイフをチョイスしました。

Amazon最安のシースナイフであるDcenrunのアウトドアナイフは、フルタング構造(ブレードが持ち手部分まで貫通しているタイプ)のナイフです。

価格の割には耐久性が高そうで、デザインも悪くないですね。

ナイフ:Dcenrun アウトドアナイフ 1,299円

その他ギア

キャンプサイトを明るく照らす!ランタン

 

見るからにただの電球・・てな感じのランタン。一応LEDらしいです。

モバイルバッテリー方式ではなく、乾電池を使用するタイプで、電池の消費が激しいとのレビューが目立ちました。

ランタン自体は安価ですが、ランニングコストが高く、品質もかなり不安なのでオススメできない商品です。

ちなみに、あと150円課金するとモバイルバッテリー式のランタンが購入できます。

 

こっちのランタンの方が、いくらか実用性が高そうですね。

ランタン:GGGJP LEDランタン 379円

ソロキャンプの相棒!シングルバーナー

 

Amazon最安値のシングルバーナーは、NOCNEXというメーカーのバーナーです。

ちょっと前まで900円くらいで販売されていた記憶があるのですが、だいぶ価格を上げた様子です。

Amazonの評価をみると、とりあえず『使えない』などの酷評は無さそうです。

『安く使えれば良い』くらいの期待値で購入すれば、がっかり感を感じることは無いと思います。

シングルバーナー:NOCNEX コンパクトバーナー 1,399円

夏場は必須!クーラーボックス

 

またまた登場のキャプテンスタッグ。

完全にAmazon最安値での覇権を取りに行ってますね。キャプスタさんは。

さて、このクーラーボックス(クーラーバック)、見た目の通りペラペラで、保冷効果は推して知るべし。

ドラクエで例えると、間違いなく『布の服』レベルの代物です。

無いよりはマシでしょうが、夏キャンプでは完全に実力不足なのでご注意を!

クーラーボックス:キャプテンスタッグ アルミクーラーバック 188円

Amazonで揃える!最安値のソロキャンプ装備一式 まとめ

テントalomejor ソロテント1,919円
タープAUWOO ヘキサタープ500円
イスキャプテンスタッグ アウトドアチェア491円
テーブル伊勢藤 Picno766円
シュラフキャプテンスタッグ プレーリー982円
マットワイズ アルミレジャーマット478円
焚火台360MALL ウッドストーブ628円
ナイフDcenrun アウトドアナイフ1,299円
ランタンGGGJP LEDランタン379円
バーナーNOCNEX コンパクトバーナー1,399円
クーラーボックスキャプテンスタッグ アルミクーラーバック188円

Amazon最安値でソロキャンプ装備を整えると、合計9,029円!

『快適』とは言い切れないですが、最低限使える道具のチョイスになっていると思います。

クッカーや小物類はチョイスしていないので、家にあるものなどを活用してくださいね。

以上、Amazonの最安値ソロキャンプギア装備一式紹介でした。

それではまた!

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。