キャンプコラム

【徹底解説】ファミリーキャンプ父さんがソロキャンプデビュー!5つの楽しみ アナログ編

ソロキャンプ用の装備を整えた!

ソロキャンプの計画も立てた!

ソロキャンプに対して、嫁さまの理解も得た!

ソロキャンプデビューの準備が完了したお父さん方、おめでとうございます。

圧倒的自由を満喫できるソロキャンプの世界にようこそ。

で、ソロキャンプで何をするのか?

結論、自分の心の声に耳を澄ませ、好きなことを好きなようにすれば良いのですが、何をしようか迷っている方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、やること探しをしているお父さんのために、ソロキャンプで試したい『5つの楽しみ』を紹介します。

目新しい内容ではありませんが、『アナログ路線』で『誰にでもすぐにできること』をピックアップしておりますので、参考にしていただくと嬉しいです。

村のカズさん
村のカズさん
ソロキャンプはとにかく自由なので、逆に時間を持てあますことも。そんな時に楽しみたい、ソロキャンプと相性抜群の5つの楽しみを紹介します。

ファミキャン父さんがソロキャンパーに転向!5つの楽しみ

ラジオを聴く

ラジオ、聴いてますか?

車通勤の方を除くと、おそらくほとんどの方が聞いてないと思います。

ソロキャンプで静かな自然に囲まれて、プライベートの時間をラジオを聴きながらまったりと過ごす。

これだけVODが普及している世の中で、敢えてのラジオには逆に特別感を感じませんか?

『ラジオなんて持ってないよ』という方、スマホのアプリを使えば万事OK。

『radiko』を使えば、無料で過去1週間以内に放送された番組を自由に再生できます。

月385円の定額課金を行えば、全国の放送局のラジオが聴き放題になるサービス(radikoプレミアム)もありますので、遠く離れた故郷のラジオを聞いて、ノスタルジーに浸るのも良いですね。

本を読む

おもいきりベタですが、ソロキャンプで読書はかなりオススメです。

静かな環境の中で、邪魔するモノもなく集中して読めますからね。

マンガでもビジネス書でも、好きな本を読めば良いのですが、あえてオススメするのであれば『哲学書』です。

『キャンプで哲学書?えーっ!』と思いましたよね?

自分と向き合う時間が取れるソロキャンプ。

そんな時は哲学を通じ内なる自分と、とことん会話するのも乙なものです。

『哲学』と聴くと『難しい・面白くないと』感じる方がほぼ100%だと思います。

でもね、そんな常識をぶち壊すのがこちらの『史上最強の哲学入門』です。



 

刃牙をテーマに歴代の哲学者と思想を伝えてくれるエンタメ哲学書。

めちゃめちゃ面白くて勉強になるので、ぜひ読んで頂きたい一冊です。

サウナで整う

今は空前のサウナブーム中。

筆者もサウナーで、週1ペースでサウナに通っています。

俗に言う『整う』状態が非常に心地よく、かつ安価に楽しめるので、貴重な息抜きの場になっています。

サウナは『ととのう』までの時間や入浴の仕方に個人差があるので、単独行動に向いています。

また、サウナをじっくりと楽しむにはそれなりの時間を要します。(筆者の場合は平均2時間ほど)

つまりソロキャンプとの相性が最高、と言うこと。

子ども連れだとサウナに入れませんし、仮に入ったとしても自分のペースで楽しむことはできないですよね。

そこでソロキャンプ&サウナ。

ソロキャンプに行った際は、ぜひ近くの銭湯でサウナを楽しんでみてください。

慣れてくると、至高のリラクゼーションと感じるほどの気持ちよさ。人生変わるほどの価値を、たった数百円で体感できます。

ひたすら寝る

あなたのソロキャンプの目的は何ですか?

私のソロキャンプの目的は『心身の回復』です。

日頃の仕事などですり減ってしまった心と体を癒すためにソロキャンプへ行く。

なので、キャンプに行く前よりも帰ってきた時の方が心も体も元気です。

回復するために必要なのは充分な睡眠。

ソロキャンプでは、時間の許す限り睡眠時間をとります。家にいる時よりも長時間寝ます。

キャンプでよく寝るコツは、自分の体に合った質の高い寝具を使うこと。

 

VENTLAX製のマット&コットは、ハイクオリティで価格も控えめなのでとてもオススメです。

心地よい自然の中で、心地よい寝具を使い、たっぷりと眠り心身を回復させましょう。

【圧倒的寝心地】VENTLAX インフレーターマット 徹底レビュー【キャンプマットおすすめ】キャンプの睡眠を快適にするマット。質の高いシュラフがあってもマットがなければ熟睡できませんからね。本日は、新進気鋭のアウトドアブランド『VENTLAX』のインフレーターマットを紹介。セーブポイントに立ちより、深呼吸してから記事を読みすすめてくださいね。...

暇を噛みしめる

特に何もせずに、暇を噛みしめる。

スマホの通知をオフにして、SNSにも触らない。

ソロキャンプで『何かをする』のも良いですが『何もしない』時間を過ごすこと。

普段から忙しい我々お父さん勢には、最も贅沢な時間の使い方かもしれません。

ただボーっとしているのに飽きたら、焚き火をするも良し、星を眺めながら晩酌をするも良し。

休み明けには忙殺される日々が待っているのだから、せめてソロキャンプ中は、心の平穏を感じつつ、ただ静かに過ごしたいものです。

ファミキャン父さんがソロキャンパーに転向!5つの楽しみ まとめ

ラジオを聴く(radikoアプリ推奨)

本を読む(たまには哲学書などどう?)

サウナで整う(たった数百円で至高の体験)

ひたすら寝る(良い寝具で)

暇を噛みしめる(敢えて何もしない!)

以上、ファミキャン父さんがソロキャンプデビューした際の楽しみ5選でした。

新しさはないですが、どれも気軽に・安く楽しむことができ、心身を回復させることができます。

ソロキャンプと相性抜群ですので、どれか一つでもお試し頂ければ嬉しいです♪

ではまた。

【徹底解説】ファミリーキャンプ父さんがソロキャンプデビュー!3つの注意点現在はファミキャン中心のお父さんも、『一人で気ままにキャンプしてみたい』『子どもが大きくなりキャンプに来なくなった』と感じている方も多いのでは?今回は、ファミキャン勢のお父さんが、ソロキャン勢にクラスチェンジする際の『注意点』をまとめました。...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。