キャンプ場レビュー

関東 無料キャンプ場【道の駅かつら】ソロキャンプレポート

こんにちは。村のカズさんです。

先日、茨城県城里町にある無料キャンプ場『道の駅かつら』でソロキャンプを楽しんできました。

結論、非常に快適なキャンプ場でした。

キャンプ場の設備・雰囲気や周辺環境などの情報をまとめて発信しますので、『道の駅かつら』でのキャンプを計画されている方は参考にしてください。

無料キャンプ場『道の駅かつら』ソロキャンプレポート

道の駅 かつらのキャンプサイトの概要

首都圏からも無理なく行ける距離で、私の住む松戸市からは高速で2時間・下道オンリーでも4時間程度で到着。

ナビのセット先は『道の駅かつら』で大丈夫です。

道の駅かつらに到着したらそのまま奥まで進み、突き当たり左折すると『ふれあい広場』に到着します。

青枠の中は自由にテントを張って大丈夫なエリアです。広さ的には、ざっくりとサーカスTCが20張り程できるスペースがあります。

ただし、中央部分は車の通路になっているので、広場の縁に沿って設営するようにしてください。

川沿いの黄色枠のエリアにもテントを張っている方がいたので、こちらにも設営が可能だと考えられます。

地面は土サイトと砂利サイトに分けられています。

青の塗りつぶし部分は土サイトで、緑は雑草サイト・赤は砂利サイトになっています。

土サイトは木陰が広がっているので涼しく、ペグが刺さりやすい利点があります。

砂利サイトは水はけが良いのと、テントが汚れにくい利点があるのですが、地盤がとても硬いです。

スノピのソリステ30を力いっぱい打ち込んでも、これで精一杯。1/3ほどしか刺さっていません。

地面は本当にカチカチなので、砂利サイトしか空いていない場合はペグダウンに覚悟が必要です。

それでもキャンプ当日は雨予報だったので、果敢に砂利サイトに設営開始。

車が横付けできて、地面が砂利で、目の前がキレイな川で、すぐ近くに道の駅がある。

こんな抜群な環境なのに、タダでキャンプできる事実に驚きを感じます。

道の駅かつら ふれあい広場キャンプ場の注意点

道の駅かつら ふれあい広場キャンプ場を利用するに当たり、いくつか注意点があるので記載しておきます。

  • ゴミは全て持ち帰る必要がある
  • 土日や祝祭日はとても混み合う
  • 食器類の洗浄ができない

ゴミは全て持ち帰る必要がある

道の駅かつら ふれあい広場キャンプ場は無料キャンプ場なので、ゴミは全て持ち帰る必要があります。

ビンやカンはもちろんのこと、焚き火で出た灰も持ち帰りです。

あまりにもマナーが悪いと、無料キャンプ場が閉鎖される可能性があるので、ルールは必ず守るようにしましょう。

土日や祝祭日はとても混む

道の駅かつら ふれあい広場キャンプ場は、無料の割に設備が整っているのでかなり人気が高いです。

平日はガラガラなことが多いですが、週末や祝祭日にはかなり混み合います。

また、無料キャンプ場なので予約を取ることができません。

ですので、行ったは良いが満サイトで宿泊不能といったこともあり得るので、車中泊に変更するなどの第二案が必要になります。

食器等の洗浄ができない

サイト内には水道が一つだけありますが、手洗い・飲水用となっており、食器の洗浄をすることができません。

食器や網•焚火台などを洗浄すると、カスが溜まって排水が詰まる原因となるためです。

食器を洗浄するには、ウェットティッシュなどを活用しましょう。

そもそも調理をしないという荒技もオススメです。

道の駅かつらを探索してみる

道の駅かつらには、地域の食材などが充実しています。野菜や果物、ソバなどの特産品が多数。

その中でも充実しているのが酒類です。

特に日本酒の品揃えは結構なもので、のんべえキャンパーにはうれしいですね。

酒に負けずに充実しているのが薪。

りっぱな広葉樹の薪がたったの500円で売られています。これは間違いなくお買い得です。

スウェーデントーチも500円で販売していました。

道の駅かつらの営業時間は9時〜18時までなので、必要な物資は閉店前に揃えておきましょう。

キャンパーも24時間使えるトイレ。

設備自体が新しく、こまめに清掃されているのでとてもキレイです。

アイスクリーム・ドリンクの自販機も24時間利用できます。

こんなに設備が整っているのにタダでキャンプできるとは、本当に驚きでした。

お風呂→買い物→焚き火と晩ごはん

設営が終わり、道の駅の探索も終わったので近隣の銭湯へ。

車で10分の場所にある『ごぜんやま温泉 色彩館』に向かいます。

中では美味しそうなデニッシュや、地域の食材などが販売されていました。

キレイな無料休憩所も利用できます。仮眠もできるとのこと。

肝心のお風呂もとても良い感じ。

露天風呂・内風呂の他にサウナもあるのが素晴らしいです。

それでいて入館料も格安。15時以降は大人一人500円と、かなりお得な料金設定です。

平日(16時まで)土日祝(16時まで)全曜日(15時以降)
大人700円1,000円500円
子ども350円500円250円
乳幼児(3歳未満)無料無料無料

お風呂からの帰り道、セイコーマートを発見。

北海道ではメジャーなコンビニチェーンで、道内ではセブンイレブンすら駆逐するほどの人気を誇ります。

おすすめは何と言っても『ほっとシェフ』。店内で調理された食材の味は格別です。

食料の調達先は、キャンプ場から徒歩10分のところにある『ホーマック ニコット』というホムセンです。

ここのホムセン、食料品と酒類が充実しているだけでなく、100均のキャンドゥがテナントとして入っているので、使い勝手がとても良いです。

酒・晩飯(ウインナーとおにぎりのみ)そして着火剤を購入し、キャンプ地に帰還となりました。

サイトに到着したら早速焚き火スタート。

道の駅で500円で購入した広葉樹の薪を燃やします。

広葉樹なのでなかなか着火しませんが、それは想定内。

先ほど買った着火剤をぶちこんで、いい感じに燃えています。

焚火台は、先日購入した『Tokyo Camp』の焚火台。

 

 燃焼効率が高く、作りもタフでいい感じです。

晩ごはんはホムセンで買ったおにぎりとシャウエッセンウインナーのみでしたが、必要十分。

今回は焚き火を楽しみにきたので、これで全然OKです。さて就寝と。

朝→撤収まで

夜中は一時雨が降っていたようですが、目が覚めたら止んでいます。

サーカスTCを乾燥撤収できそうで一安心です。

腹が減ったので近くのセブンイレブンまで歩いて買い物に。

橋を渡り、歩くこと10分で到着。

コンビニのすぐ隣には、ドラッグストアもありました。本当に至れり尽くせりな環境です。

で、朝ごはんはコンビニ弁当。

いさぎよさ、そして男らしさを感じさせる粋な食卓です。

腹も満たされたのでさっさと撤収。無料キャンプ場なのに、驚くほど整ったキャンプ場でした。

たまたまかもしれませんが、周囲のキャンパーのマナーも良く、終日快適に過ごせたことも記しておきます。

ではまた。

無料キャンプ場『道の駅かつら』で超快適オートキャンプ!【首都圏 無料キャンプ場】こんにちは。村のカズさんです。 唐突ですが、カルチャーショックを受けました。 何にって、『無料キャンプ場』にです。 今...
【高い耐久性】ピコグリル風『Tokyo Camp焚火台』レビュー【焚火台 おすすめ】ピコグリルが欲しいけど、高くて手が届かない! そんな理由で廉価版のピコグリルモドキの購入を考えている方、 ちょっと待った! ...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。