キャンプ道具関連

OGAWA ツインピルツフォークTC 10泊使い込んでのレビュー

OGAWAから2017年に発売されたツインピルツフォークTC。

販売されて相当期間たった今でもなお、キャンパーを魅了し続ける人気の高いシェルターです。

筆者がツインピルツフォークTCを購入して1年半。出撃機会は約10回程となりました。

それなりに使い込んだ感がありますので、ここいらでレビューをしてみたいと思います。

結論、めちゃくちゃ良いシェルターですよ!

OGAWA ツインピルツフォークTC 10泊使い込んでのレビュー

筆者がOGAWA ツインピルツフォークTCを購入した理由

ズバリ、セールで売っていたから。

2020年のワイルドワンの正月のセールで、本体価格60,000万円程度で購入。

ツインピルツフォークTCの定価は10万円超えなので、かなり安く購入できました。

とは言え小遣い制の筆者からすると、年に一度あるかないかの決断と言って良い高価な買い物。

オプションのハーフインナーも購入したので、合計約8万円の出費となりました。

高価な買い物でしたが、結果大正解!

今ではキャンプでの1番の楽しみが、ツインピルツフォークTCの張り姿を眺めることになっています。

ツインピルツフォークTCはこんな幕

床がないシェルター型の幕体

ツインピルツフォークTCには床がありません。

ですので、ツインピルツフォークTCで寝るには次のうちのどれかが必須となります。

  • 純正のインナーテントを活用する
  • 適当なテントをカンガルーテントとして活用する
  • コットを活用する

純正のインナーテントには、ハーフインナーとフルインナーの2種類があります。

 

ハーフインナーは大人1人&子ども1人の2人用(大人2人はかなりキツイです)

フルインナーは大人3名〜4名まで対応できますので、用途によって使い分けると良いです。

ハーフインナー・フルインナーともに価格はそれなりにしますが、手取り早く快適空間を作りたいのならおすすめです。

カンガルーテントとして有能なのがこちらのモノポールインナーテント。

 

シェルターやタープの下で快適に眠るための、カンガルースタイルの自立式テント。

安心と信頼の『テンマクデザイン』ブランドの商品にもかかわらず、安価なので非常にオススメです。

通気性の高いメッシュタイプもありますので、シーズンにより使い分けできればベストですね。

 

現状、我が家では2〜3名での出撃が多いので、子供たち→ハーフインナー 私→コット&カンガルーで運用しています。

テクニカルコットン製の白幕

ツインピルツフォークTCは、テクニカルコットン製(TC素材)で幕質が高いです。

品のある白幕なので、高級感に溢れています。

TC素材なので、影が濃いため夏は涼しいですし、クローズすれば外気をシャットアウトするので冬は暖かいです。

ポリ製の幕と比較して、結露しにくく火の粉に強いのもポイントですね。

ツインピルツフォークTCのサイズ感

サイズ感はざっくりと下記の通りです。

シェルターとしては中型で、オープンスタイルで張るには8m×8m程度の広さが必要です。

ソロキャンプで使うにはかなり大きいですが、2〜4人のファミリーキャンプに最も適したサイズ感です。

スペースを有効活用するには、オプションの二又フレームが便利です。

 

我が家では2〜3名のキャンプが中心なので無くとも全然平気ですが、4名以上で過ごす方や、重装備の方には必須と感じます。

使って感じたメリット

  • 幕質が良く、格調高い
  • いろんな形にトランスフォーム
  • タープが不要
  • トリプルジッパーを装備
  • キャンプ場で被りにくい
  • 設営・撤収がラク

幕質が良く、格調高い

TC生地の風合いと色合い・2本のポールが作る稜線がグラマラスで、サイト映えします。

ツインピルツフォークTCを張るだけでそれらしいサイトに見えてしまう圧倒的な存在感。

もうね、これは好みと感覚によりますが、ほれぼれするほど美しい幕です。

いろんな形にトランスフォーム

ツインピルツフォークTCは、張り方の自由度が高いシェルターです。

フルクローズスタイル

片方だけオープン

フルオープンスタイルと

その時の気候や気分次第で、いろいろな張り方が楽しめます。

何が良いって、飽きないことです。いろんな張り方ができますからね。

せっかく高いお金を払って購入したテント。

愛着を持って永く使い込みたいですよね。

タープが不要

片側を跳ね上げればキャノピーとして、両面をオープンするとタープのように活用できるツインピルツフォークTC。

見ての通りかなり大きいレクタタープの役割をこなします。

別途タープを購入する必要が無いので、荷物の削減になりますし、金銭的にもプラス要員です。

トリプルジッパーを装備

ジッパーが3つあると何が良いのか?熟練キャンパーならばピンとくると思います。

そう、『薪ストーブの煙突を好きな場所から出せる』ことです。

幕質も厚めで冬キャンプに打って付けですので、薪ストーブ派にはうれしい機能ですね。

 

キャンプ場で被りにくい

ツインピルツフォークTCは、高価でかつ扱いに気を使う幕なので、それほどユーザー数が多くありません。

キャンプで使用すること10泊。未だ他の方とかぶった経験はありません。

同じTC幕でもサーカスTCなどはかぶらない方が稀ですが、ツインピルツフォークTCはサイトでも唯一無二の存在となれます。

 

設営・撤収がラク

中型〜やや大型の幕体を誇るツインピルツフォークTCですが、設営・撤収はとてもラクです。

使うペグはたった8本でOK(張網不使用時)で、ポールも2本しか使用しません。

設営にかかる時間は、一人でも15〜20分ほど。

ツインピルツフォークTCの設営・撤収に慣れてしまうと、ツールームテントの扱いが修行のように感じてしまいます。

使って感じたデメリット

  • 幕体の割に狭く感じる
  • オプションが高価
  • 汚したく無いので気を使う

魅力いっぱいのツインピルツフォークTCですが、デメリットがない訳ではありません。

あえて弱点を挙げるとすると、上記の3つのポイントとなります。

特に構造上、デッドスペースが大きいので幕体の割に狭く感じてしまうのは難点です。

スペースを有効活用するにはオプションの二又フレームが有効ですが、1本約15,000円とかなり高額です。

また、土サイトはできるだけ避けて利用しています。特に雨の日の土サイトは絶対に避けるべきだと感じます。

ツインピルツフォークTCはこんな方にオススメ

2〜4名のファミリー

この位の人数がサイズ的にジャストフィットします。

一つの幕を長く使いたい方

飽きのこないデザイン&シームテープ不使用なので長く使えます。

ツインピルツフォークTC以外にも幕を持っている方

いつでも・どこでも使える幕ではないので、サブテントは持っておきたいです。

ツインピルツフォークTCレビュー まとめ

メリット

  • 幕質が良く、格調高い
  • いろんな形にトランスフォーム
  • タープが不要
  • トリプルジッパーを装備
  • キャンプ場で被りにくい
  • 設営・撤収がラク

デメリット

  • 幕体の割に狭く感じる
  • オプションが高価
  • 汚したく無いので気を使う

トータルでとても優れている幕なので、予算に都合がつけばとてもおすすめです。

ではまた。

夏キャンプの暑さ対策11選!涼しく過ごせる人気最新グッズを紹介!夏キャンプに行くならば絶対に抑えておきたいのが『暑さ対策』 暑さ対策を怠るとキャンプが楽しくなくなるばかりでなく、最悪、熱中症でいのちを危険にさらしてしまいます。年々ひどくなる夏の暑さ。しっかりと対策し、夏キャンプを快適に過ごしてください。...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。