キャンプ道具関連

オススメ焚火台『ミタリワークス タキビスタンド』おしゃれ焚火台

出典:MITARI WORKS instagram

オススメ焚火台『ミタリワークス タキビスタンド』

こんにちは。焚火の禁断症状が発症中の村のカズさんです。

キャンプに行けないならと、焚火台の情報収集をしていると、気になる焚火台を発見しました。ミタリワークス制作の『タキビスタンド』です。

ミタリワークスとは

出典:MITARI WORKS instagram

2020年に誕生したアウトドアブランド。デザイナー、マニュファクチャー、セールスの三人が仕事の中で偶然出会い、各々の利益や目的が合致してスタートした日本のブランドです。

そんな『三人』を和語系数詞『ミタリ』を用い命名。2020年11月現在、商品は『タキビスタンド』のみですが、今後さまざまなギアの開発が期待されるニューブランドなのです。

タキビスタンド特徴

個性的なビジュアル

出典:MITARI WORKS instagram

先鋭的デザインで個性的なビジュアルのミタリワークス タキビスタンド。キャンプ場で圧倒的な存在感を示してくれそうです。仮に隣のサイトの方がこの焚火台を使用していたら、頼み込んで写真を撮らせてもらうレベルのかっこよさ。

鉄製のプレートにデザインされたミタリのロゴ。実際に使用して、炎がロゴのシルエットを創り出す瞬間を見てみたいですね。

シンプルな構造

出典:MITARI WORKS instagram

3枚のプレートをロストルに組み合わせるだけのシンプル構造。ロストルを底にセットし、プレート同士を交差するするだけなので、直感的に設営ができます。

シンプル構造かつパーツ数も少ないため、組み立て時間も短く済みます。慣れれば1分もあれば充分でしょう。また、パーツは平面的な構造なので、使用後のメンテナンスも楽にできそうです。

選べる3つのサイズ

 開口部のサイズ高さ重量価格
Sサイズ170mm170mm650g17,600円
Mサイズ230mm245mm1320g24,200円
Lサイズ340mm350mm3700g29,700円

タキビスタンドにはSサイズ・Mサイズ・Lサイズの3つのサイズが設定されています。Sサイズはソロ向け、Mサイズはソロ〜デュオ向け、Lサイズはファミリーキャンプ向けとなります。

サイズにより使い勝手も異なっており、例えばSサイズでは一般的な薪(40センチ)がそのままでは入らないので、バトニングなどが必要になります。市販の薪をそのまま使用したい場合は、ソロでもMサイズorLサイズを選択した方が良さそうです。

オプションで形状と機能を拡張

出典:MITARI WORKS instagram

オプションで『プラス1タキビスタンド』が用意されています。

四角のロストルに4枚のプレートをセットすることで、タキビスタンドを広く使うことができます。ノーマルの3枚プレート時に比較し、高さは低くなるものの、より多人数使用できます。

出典:GO OUT

ソロキャンプ時は3枚プレート、ファミリーキャンプ時は4枚プレート、といった使い分けができるのはうれしい設計ですね。当ブログの理念の『ソロキャンプもファミリーキャンプも楽しみたいお父さん』にうってつけの焚火台と言えます。

出典:MITARI WORKS instagram

もう一つのオプションである『トップテーブル』

トップテーブルをセットすることで、タキビスタンドへクッカーなどを置くことができます。トップテーブルはプレート3枚用の『トライアングル(写真上)』とプレート4枚用の『スクエアー』が用意されています。

トップテーブルも3段階の高さ調節ができ、カスタマイズの自由度はの高さが伺えます。タキビスタンドで調理を楽しみたいのであれば、トップテーブルの購入をオススメします。

防錆加工

タキビスタンドの素材は鉄です。使い込むことで生じるサビを経年変化として楽しむのも良いですが、防錆加工をすることができます。

防錆加工は、Sサイズ2,000円 Mサイズ3,000円 Lサイズ4,000円(別途送料として1,000円必要)で施工できるので、サビを発生させたくない方はオプションとするのも良いでしょう。

コンパクトな収納

出典:MITARI WORKS instagram

一つ一つのパーツが薄く、パーツ数も少ないので収納はコンパクト。3枚のプレートは同じ形状なのでスタッキングもラクラクです。

出典:MITARI WORKS instagram

ミタリワークスのロゴ入りのコットン製のバックが付属するのはうれしいポイント。普段使いしたくなるデザインですね。

まとめ

新鋭ブランド『ミタリワークス』からプロデュースされたタキビスタンド。

個性的なビジュアルとシンプルな構造、そしてオプションによる拡張性の高さなど、非常に魅力的な焚火台です。

出典:MITARI WORKS instagram

仕上げは職人による手作業で行われており、ていねいにバリ取りされています。安くない価格ではありますが、メイドインジャパンの粋が詰まったこのクオリティー。充分に価値のある商品であることは間違いありません。

あぁ、欲っしいなぁ!!

ではまた!

 

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。