キャンプコラム

『家キャンプ』なかなかキャンプに行けないのでベランダでコーヒーを楽しむ『スペシャルティコーヒー』

キャンプでのコーヒーは別格

こんにちは。村のカズさんです。

キャンプで飲むコーヒー。最高ですよね。朝の静かなひとときに、お気に入りのミルで豆を挽き、お気に入りのカップでぼんやりとコーヒを啜る。キャンプの楽しみの3割方は、この瞬間にあるのではないかと勝手に思っています。

最近仕事が忙しく、なかなかキャンプに行くことができません。ストレスが溜まってきたので、今日はベランダでコーヒーを淹れて楽しむことにしました。

せっかくなので良いコーヒーを楽しみたい

mokiti-coffee(モキチコーヒー)

キャンプに行けないうっぷんを晴らすべく、本日は最高のコーヒー豆を調達してきました。

松戸市のコーヒーの名店『mokiti-coffee』で、スペシャルティコーヒー『エチオピア グジG1 ベンチ・ネンカ』のハイローストを買ってきました。

mokiti-coffeeは、JR新八柱駅から徒歩1分程で行けるお店です。駅前のロータリーを左折して50メートル程歩けば到着です。

Qグレーダーとは?

mokiti-coffeeはスペシャルティコーヒーの専門店で、販売している豆は全て最高品質。お店のマスターは国際コーヒー鑑定士『Qグレーダー』の資格保持者です。

このQグレーダーはかなりの難関資格で、資格保持者は日本にわずか300人しかいないとのこと。

mokitiのマスターは日本全国の1/300の、かなりスゴイ方なのです。

スペシャルティコーヒーとは?

スペシャルティコーヒーとは、簡単にいうと『高品質で特徴的な味わいを持つコーヒー』のことです。

引用:天海珈琲

市場で取引されるコーヒーのうち、5〜6%しか存在しない希少な存在です。

店舗はどんなところ?

店舗は少し奥まった場所にあるので、入り口がわかりにくいかもしれません。

店内はこんな感じ。小さなお店ですがとても雰囲気が良いです。

店内での飲食も可能。マスターの淹れた絶品コーヒーを、その場で楽しむことができます。

奥にコーヒーを焙煎するロースターが見えます。Qグレーダー資格持ちのマスターが日々焙煎するので、豆の鮮度も最高です。

この日は7種類の豆が販売されていました。

購入した豆のお値段は200gで1420円と、ちょっと高く感じる価格ですが、最高品質が約束された豆です。むしろ安いと感じます。

松戸なんて遠くて行けないよ!とおっしゃるアナタ!mokiti-coffeeではWEBでも豆を販売しています。超絶オススメですので、一度試してみてください。

いざベランダへ

ベランダにちゃぶ台を設営し、コーヒーグッツをセットオン!

SOTOのST−330にカリタのポットを直載せし、お湯を沸かします。多少風が吹いていましたが、全く問題無く使えるのがST−330(フュージョン)の良いところ。

ミルでゴリゴリ豆を挽いていきます。これも楽しいひととき。

フィルターにセットすると、この時点でいい香りが漂います。

さて、湯が沸いたのでお湯を投入しようかと。

カリタのポットは注ぎ口が細いので、狙った場所にお湯を投入することができます。

このポットを使うだけで、誰でもそれなりのレベルのコーヒーを淹れることができるかなりオススメのアイテムです。

豆の鮮度が良いので、ぷくぷくと炭酸ガスが吹き出します。そこいらの豆だとお湯を投入しても無反応ですが、さすがはmokiti-coffeeのスペシャルティコーヒーです。

お気に入りの『ユニフレーム ダブルマグ』に淹れてみました。

ダブルウォール構造のマグで、一生使えるのでは?と感じる程しっかりとした造りをしています。

いよいよ味わいます。

瞬間、華やかな香りが口の中に広がります。やや強い酸味の中に、ほのかな甘さが感じるような感じないような?

難しいことはあまり分かりませんが、とにかく旨い!旨いは正義!これでいいのだ!

ではまた!

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。