キャンプ道具関連

『マミー型?それとも封筒型?』冬キャンプのシュラフ事情『ダウン製?それとも化繊製?』

冬キャンプデビュー。シュラフはどうする?

こんにちは。村のカズさんです。

冬キャンプを行う上で直面する問題の一つに、『どんなシュラフを選ぶのか』というものがあります。冬キャンプにおけるシュラフの性能は、キャンプの快適さに直結しますし、何なら命に関わることもあります。

amazonや楽天のサイトを見てみると、星の数ほどのシュラフが販売されています。

ナンガやモンベル、イスカといった有名メーカーの逸品からちょっと怪しい中華製品。価格も上を見ればウン万円、下を覗けば千円程度とまさに千差万別。

限られた予算の中、一体どのシュラフを買うのが最適なのか、本当に迷いますよね。サイトのレビューもありますが、サクラレビューが多い昨今、最終判断の材料とするには疑問が残ります。

本日は、シュラフ選びに迷う方の指針となる、そんな記事を執筆したいと思います。キャンプ歴はたかが2年少しの私ですが、シュラフの買い替え歴はそこそこありますので、参考にしていただきたいと思います。

筆者のシュラフ履歴

中華製激安ノーブランド品

キャンプデビュー時、はじめに購入したシュラフこのようなもの。

出典:楽天

楽天で2000円程で購入した、中華製のノーブランド商品です。スペックは『快適温度−4°C 限界温度−15°C』と表記されていました。レビューも星4.5程付いており、『めっちゃお得やん!』と喜び勇んでポチった記憶があります。

おととしの11月。冬の始まりを感じさせるとある日に、このシュラフで挑んだキャンプの夜。あの日の寒さは今でも忘れません。その日の最低気温は4°C程でしたが、『快適温度−4°C』の当シュラフは惨敗しました。

このシュラフをロールプレイングゲームの防具にたとえると、皮の盾程度です。あとね、匂いが結構キツかった。これは私がハズレを引いただけかもしれませんが。

後日、アウトドアショップに売却したところ、50円で買い取られました。たった一度しか使用してないのに!

この中華製ノーブランドシュラフは、安物買いの銭失いという教訓を身をもって教えてくれた素晴らしいシュラフでした。本当にありがとうございました!

コールマン パフォーマーⅢ

信頼できるメーカの製品でないとイカン!と考えを改め、直後に買い直したシュラフがこれです。

出典:amazon

 

現在は価格が5,000円程しますが、当時は3,000円ちょいで購入しました。スペックは『快適温度5°C 限界温度0°C』で、うそ偽りなくその通りの商品でした。

情報が信用できる。それだけで一流メーカー品はさすがやなぁ、と感心させられました。ただし、このパフォーマⅢ、冬キャンプ用シュラフとしては正直力不足です。

盾にたとえると、ウロコの盾程度の守備力です。強敵とは戦えません。

私はこのシュラフで冬キャンプを1シーズン乗り切りましたが、今思うと結構無茶してたなぁ、と感じます。

コールマン スリーピングバック

パフォーマーⅢでは子ども達に寒い思いをさせてしまうため、買い増したシュラフがこれです。

出典:amazon

『快適温度0°C 限界温度−5°C』のスペックで、フリース素材なので肌ざわりも良い、パフォーマーⅢの完全上位互換アイテムです。今では二軍落ちしましたが、長きにわたり活躍してくれました。

盾にたとえると、鋼鉄の盾。守れるけどデカくて重い。また、封筒型のシュラフなので、頭部から肩までの守備が弱点です。

ナンガオーロラ600DX(山渓モデル)

現在の主力のシュラフがナンガオーロラ600DXです。

まあこれが快適だこと!余りに軽くてあったかいので、家でも普段使いしています。正直、これがあれば家の冬布団が不要です。

盾でいうと、マジックシールド的な立ち位置かと感じます。更にこれにインナーシュラフをインストールすることで、伝説の盾に強化することができます。

SEA TO SUMMIT サーモリアクター

私はSEA TO SUMMITのサーモリアクターというインナーシュラフを使用しています。

SEA TO SUMMITのサーモリアクターは少し高いですが、シュラフの性能を上乗せする優れたアイテムです。また、これ単品で夏用シュラフとしても使用できます。

快適温度・限界温度とは?

快適温度とは

快適に過ごせる温度です。男女差や個人差もあるので目安として捉えましょう。

シュラフに記載のある快適温度に、プラス5度をした温度が実際の快適温度だと把握しておけば安全です。たとえば、快適温度が0°Cのシュラフは、実外気温5°Cまでの使用が推奨になります。

限界温度とは

代謝の高い人が丸まってギリギリ寝れる温度です。当然ですがこのままでは睡眠に快適さはありません。何らかの工夫をしないと、朝までに寒さで何度か目が覚めることになります。

注意点

名のあるメーカーの『快適温度』『限界温度』は信頼できますが、中華製などの怪しいメーカーのシュラフの数値を鵜呑みにすると危険です。

amazon等で、−25°Cまで使用可能(らしい)シュラフが数千円で売っていることがありますが、まず間違いなく虚偽表示なので気をつけてください。

命に関わる問題なので、この辺はシビアに規制して欲しいところです。

シュラフの形状

シュラフの形状は大きく分けて、マミー型と封筒型の2種類に分類されます。結論、冬キャンプをするならばマミー型1択です。

マミー型シュラフとは

マミー型シュラフとは全身をくるむタイプです。メリットは頭や肩をすっぽりカバーするので、暖かいこと。また、収納性が高いアイテムが多いです。

デメリットは隙間ができにくくコンパクトな反面、きゅうくつ感じるところです。また、割と高額な商品が多いです。

封筒型シュラフとは

文字通り封筒のような長方形をしています。頭部をカバーしていない&首や肩の部分が隙間だらけなので、冷気が入り放題で冬キャンプ向きではありません。一方でシュラフの中で動きやすい、安価な商品が多いと言ったメリットがあります。

封筒型シュラフは、春〜秋の3シーズン用として活用するのが一般的な使い方です。

シュラフの素材

シュラフの素材は『ダウン』と『化繊』に別れます。それぞれのメリットとデメリットを記します。

ダウンシュラフのメリット

  • 軽い
  • コンパクト
  • 圧迫感がない、ふんわり包まれる感じが極上
  • 所有欲が満たされる

軽くてコンパクトは正義です。移動や積載が楽ですし、設営に無駄な体力を使いません。キャンプの回数を重ねていくと、一軍ギアは軽くてコンパクト率が高いことに気づくと思います。

逆に重くてかさばるギアは、ずるずると二軍・三軍にランクダウンするモノが多いです。また、『私はオートキャンプだから大丈夫』という理由で、重くてかさばるギアが増えていくと、いつか積載がパンクする日が訪れます。

ふんわりと全身が包まれる至福の寝心地が体感できるのも、ダウンシュラフの大きなメリットです。眠ることすらアトラクションにしてしまう。少し大げさにいうとそんな魅力があります。

ダウンシュラフのデメリット

  • 価格が高い
  • 水に濡れると保温性が大きく落ちる

とにかく高価なのが泣きどころ。同性能の化繊シュラフと比較すると、2〜3万円高くなります。家族全員分、有名メーカーのダウンシュラフを揃えるとなると、それだけで10万〜20万円が飛んでいきます。

また、水濡れに弱いのもデメリットです。シュラフカバーを別途購入するか、ナンガオーロラシリーズのような、耐水性能のあるシュラフを使用すると良いでしょう。

化繊シュラフのメリット

  • 安価
  • 水に濡れても保温性が落ちにくい

ダウンシュラフに比較すると圧倒的に安価なのが最大のメリットです。1万円あれば結構良いモノが買えますし、2万円出せばハイスペックな逸品が手に入ります。

化繊シュラフは冬の激しい結露の中でも保温性を高く保ちます。また、背中面が余りつぶれず厚みが残るので、ダウンシュラフより底冷えに強いです。

化繊シュラフのデメリット

  • ダウンシュラフに比較すると重い
  • ダウンシュラフに比較するとかさばる

デメリットはこれだけですので、重くてデカくても大丈夫ならば化繊シュラフも全然アリです。家族全員分を揃えるとなると、現実的な選択になるかと思います。

オススメ冬用シュラフ

ダウンシュラフ

  • ナンガ オーロラシリーズ
  • モンベル ダウンハガーシリーズ
  • イスカ エアシリーズ

出典:amazon

ナンガオーロラライト600DX

出典:amazon

モンベルダウンハガー#1オレンジ

出典:イスカ公式

イスカエアプラス630

 

 

ナンガ モンベル イスカはダウンシュラフ御三家。買って間違いはありません。ただ、高い!キャンプを続ければいずれたどり着く最適解と分かっていても、なかなか決断できない価格です。

化繊シュラフ

  • モンベル バロウバックシリーズ
  • イスカ アルファライトシリーズ
  • スナグパック ベースキャンプ スリープシステム

出典:モンベル公式

モンベルバロウバック#0

 

出典:イスカ公式

アルファライト1000EX

 

出典:amazon

スナグパックベースキャンプ スリーピングシステム

化繊シュラフでも、モンベル・イスカの安定度は言うまでもありません。

特筆すべきはスナグパック。イギリスのメーカーで、究極の環境下で機能するアウトドアギアを生産している企業とのことです。その技術力の高さはイギリス国内でロイヤルアワードを受賞した程。

機能的かつ男前なギアを制作している実力のあるメーカーで、価格帯も比較的安価です。化繊シュラフの購入を検討するのなら、有力な候補となります。

まとめ

冬用シュラフを購入する際の注意点は以下の通りとなります。

  • 形状はマミー型1択
  • 素材はダウンでも化繊でもどちらでも良い
  • 無名メーカーのシュラフの記載スペックは当てにならない
  • 無名メーカーのシュラフを買うと、安物買いの銭失いになりかねない

みなさまも、自分にとって最高のシュラフを選び、睡眠をエンターテイメントに昇華させて下さい!

ではまた。

ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。