キャンプコラム

【激安キャンプ】トータル1000円で1泊2日ソロキャンプを楽しむ!【前編 企画編】

こんにちは。村のカズさんです。

今回のテーマは『激安キャンプ企画』です。

『格安』ではなく、その上を行く『激安キャンプ』

具体的には、40代男性がトータル1,000円でソロキャンプをする企画です。

『キャンプに行きたいけどお金がない!』

『出来るだけお金をかけずにキャンプしたい!』

そんな方にぜひ読んでいただきたい記事になっています。

村のカズさん
村のカズさん
安いだけでは意味はない。激安ながらもしっかりソロキャンプを楽しみ尽くす企画です!

【激安キャンプ】トータル1,000円で1泊2日ソロキャンプを楽しむ【前編 企画編】

今回の激安キャンプのルール設定は以下の通り。

トータル予算1,000以内で以下の7つの内容を盛り込みます。

  1. 予算はトータル1,000円以内におさえる
  2. 無料ではなく有料サイトを利用する
  3. 食事はお腹いっぱい2食食べる
  4. 鉄板で焼肉も楽しむ
  5. お酒もしっかり飲んでしっかり酔っぱらう
  6. 優雅に紅茶とおやつを楽しむ
  7. しっかり焚火もやる

『えぇ?たった1,000円でこんなのできるの』って感じるじゃないですか。

はい、できるんです。

では企画の詳細を記して行きます。

予算はトータル1,000円以内におさえる

今回の企画で予算に盛り込むモノは

食費・お茶代・お菓子代・酒代・サイト代金です。

以下の項目については除外していますのでご了承ください。

キャンプ場までの交通費(ガソリン代 840円)

無料ではなく有料サイトを利用する

サイト代:300円(坂田が池キャンプ場 16時〜翌朝9時まで)

今回の企画のキモの一つ、『有料サイトを利用する』こと。

つまりは激安キャンプ場を利用することになります。

キャンプ地は千葉県成田市にある『坂田が池キャンプ場』

坂田が池キャンプ場の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 千葉県成田市に位置する公営のキャンプ場
  • 一人当たり300円で宿泊のキャンプが可能
  • サイト内に車は持ち込み不可
  • サイトは芝で、広さは充分(縦10m以上・横5mの長方形のサイト)
  • ウォシュレットトイレ・キレイなシャワー室あり
  • ロング滑り台や広場など、子どもが喜ぶ設備が多数

坂田が池キャンプ場では、チェックイン16時〜チェックアウト翌日9時ならば、一人当たり1泊300円で宿泊キャンプができます

坂田が池キャンプ場は激安キャンプ場にもかかわらず、ウォシュレットトイレあり・キレイなシャワー室ありと、本当はあまり紹介したくない、私の常宿キャンプ場です。

食事はお腹いっぱい二食食べる

本来ならば三食食べる、と言いたいところですが、キャンプ場のチェックイン時間が16時なので、晩ごはんと朝ごはんの2食となります。

食材のおもな調達先は、激安の食料品がそろう『業務スーパー』です。

メニューは以下の通り。

晩ごはん

  • 肉やさい炒め
  • 焼肉
  • 白飯
  • みそ汁

トータル1,000円激安キャンプとは思えない充実のラインナップです。

しっかりと鉄板で焼肉も楽しみます

価格の詳細は以下の通り。

  • 肉やさい炒め:188円(豚バラ肉108円 野菜ミックス78円)
  • 焼肉:162円(豚バラ肉150g)
  • 白飯1合:60円(あきたこまち)
  • 味噌汁:5円(ミソ代のみ。具材は野菜ミックスの一部を使用)

合計:413円

朝ごはん

  • ホットサンド
  • コーンスープ

朝ごはんも激安ながら安定のラインナップです。

価格の詳細は以下の通り。

  • ホットサンド:51円(食パン2枚18円 卵一個20円 スライスチーズ13円)
  • オニオンコンソメスープ:40円(クノールカップスープ)

合計91円

お酒もしっかり飲んでしっかり酔っぱらう

お酒代:86円(セブンプレミアム焼酎25度 180cc)

激安キャンプであってもお酒は絶対に欠かすことはできません

今回は『セブンプレミアム焼酎 25度』を180ccほどカンティーンに持参します。

本当はもっと安い焼酎もあるのですが、安心と安定の『セブンプレミアム』ブランドを選定しました。

度数25度の焼酎180cc分のアルコール量は、ストゼロ500缶1本分と同量なので、程よく酔っぱらえることでしょう。

優雅に紅茶とおやつを楽しむ

  • 日東紅茶:14円(ティーバック2つ)
  • おやつ:96円(マシュマロ)

合計110円

朝食後には優雅にティータイムを楽しみます。

ティーバックの紅茶を2杯たっぷりと楽しみ、キャンプのおやつの定番である『焼きマシュマロ』をほおばります。

しっかり焚火もやる

薪代:0円

坂田が池キャンプ場の周辺は雑木林が広がっており、薪は現地調達ができます。

過去に何度か現地調達した薪で焚火を行っているので、今回も行けるはずです。

【激安キャンプ】トータル1,000円で1泊2日ソロキャンプを楽しむ まとめ

激安キャンプの計画は定まりました。

今回の予算の一覧にまとめてみます。

サイト代金300円
晩ごはん代413円
朝ごはん代91円
酒代86円
お茶とおやつ代110円
薪代0円
合計1,000円

合計金額はちょうど1,000円におさまりました。

有料サイトを使い・2食お腹いっぱい食べて・酔っ払って・焚火して・優雅にお茶とお菓子を楽しんで1,000円ポッキリ!

我ながら完璧な計画です。

意気込んで【激安キャンプ 実践編】の記事を執筆すべく、坂田が池キャンプ場に予約電話を入れたところ・・

『蔓延防止措置により、しばらくの間デイキャンプしか受け付けてません』とのこと。

まじか・・まぁ、このご時世だから止むを得ないですね。

村のカズさん
村のカズさん
実践編は、坂田が池キャンプ場が宿泊キャンプを解禁したら即座にレポートします!

続きは・・コロナがおちついてから・・かな。

いくら使った?石岡市 つくばねオートキャンプ場でソロキャンプこんにちは。村のカズさんです。 3月22日〜23日にかけて、茨城県石岡市にある『つくばねオートキャンプ場』でソロキャンプを敢行して...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。