キャンプ道具関連

サーカスTCオプション『メッシュインナーセット4/5』購入!

こんにちは。村のカズさんです。

先日、『サーカスTC・サーカスTCDX』全モデルを解説という記事を作成しました。

今回の記事ではサーカスの魅力である『オプション』に焦点を当ててみます。

先日ワイルドワンに行った際、オプションの中で最新アイテムである『メッシュインナーセット4/5』を運よく購入できたので、現在できるかぎりのレポートをしてみます。

徹底紹介!大人気テント『サーカスTC・サーカスTCDX』全モデルを解説! 出典:tent-Mark DESIGN 大人気テント『サーカスTC』そして『サーカスTCDX』 一時期は常に売り切れ状態...

『メッシュインナーセット4/5』とは?

メッシュインナーセット4/5のカタログスペック

出典:tent-Mark DESIGNS

『メッシュインナーセット4/5』は、サーカスTCシリーズ・サーカスTCDXシリーズ共通のオプションで、その名の通り床面の4/5をカバーするメッシュ製のインナーテントです。

大人4人がゆったりと過ごせるサイズです。
単体でも設営できるので日帰りキャンプでのお子様の虫よけシェルターとしても使用できます。

専用グランドシートも付属。
従来のインナーより高さがありますので立って着替えができます。(ポールの先端に取り付けます)
インナーの中にポールを通す必要がないため設営が簡単です。
すべての面に入り口を設け多様な設営に対応します。

  • サイズ(約):インナーテント/384×360× (H)280cm
  • 重量(約):インナーテント/3040g グランドシート/900g
  • 素材:インナーテントパネル/ポリエステルメッシュ、インナーテントフロア/150Dポリエステル(撥水加工済/PU加工)、グランドシート/150Dポリエステル(撥水加工済/PU加工)
  • 耐水圧:2000mm ※インナーテントフロア部分・グランドシート
  • 付属品:収納袋 
  • 価格:18,000円(税別)

出典:tent-Mark DESIGNS

リンク貼ったは良いものの、売り切れていますね。スミマセン。

メッシュインナーセット4/5開封してみる

開封すると本体・グランドシート・取説が入っていました。

気になるサイズはかなりコンパクト。

本体の収納サイズは2リットルのペットボトル2本程度で、グランドシートの収納サイズは500ミリのペットボトルよりひと回り大きい程度です。

4/5インナーセットの特徴

出典:tent-Mark DESIGNS

4/5インナーセットは、旧タイプのハーフインナー・フルインナーの弱点であった『高さ』と『設営のしにくさ』を克服した画期的な新商品です。

ソロ〜デュオ用のイメージが強いサーカスTCですが、このインナーテントを使用すれば、大人4人がゆったり過ごせるファミキャン幕となります。

出典:tent-Mark DESIGNS

 

4/5インナーテントのメリットは、『高さ・広さ』と『設営のしやすさ』だけではありません。

4/5インナーテント単品で『大きな蚊帳』として使用可能です。

夏キャンプではサーカス本体を使用せず、4/5インナーテントとタープだけで充分かもしれませんね。

出典:tent-Mark DESIGNS

また、専用のグランドシートがはじめから付属していることも魅力の一つです。

従来のインナーシリーズでは、グランドシートが別途7,000円程で販売されていました。

旧インナーと比較して、性能的にも価格的にもめざましい進化を遂げています。

出典:tent-Mark DESIGNS

バージョンアップを遂げた4/5インナーテント。

唯一の欠点は、人気のあまり欠品が続いていることです。

次回の入荷は2021年春以降とのことですので、しばらく待つ必要がありますね。

  • 高さがある。(圧迫感がない)
  • 広さがある。(ファミキャンにも対応可能)
  • 設営がカンタン
  • 単体で大型の蚊帳として使える
  • グランドシートが付いてくる
  • 人気過ぎて品切れ状態

4/5インナーマット

クッション部厚みをあえて2mmにしており、収納性を向上すると共に全体をカバーする事で、地面からの湿気や冷気を遮断するのが目的です。(自宅に例えるとフローリングの上にひく絨毯のイメージです)
クッション性はございませんので、別途就寝用マットはご準備ください。就寝快適性能を持たせる事も出来ますが、非常に大きくなってしまいます。ただ厚みを5~6mmにしても、エアマットまでの快適性能は確保できません。
中途半端なマットを作るのであれば、それぞれの役目を明確にした方が最終的には収納性はコンパクトになるというコンセプトのマットです。1/5を外してインナーを手繰り寄せれば、3/5としても利用可能。
収納サイズ(約)700×550×100(高)mm
組立サイズ(約)3,840×3,600mm×2(スポンジの厚み)mm
重量総重量(約)1.57kg本体(約)1.42kg収納ケース(約)15g付属品収納ケース
出典:tent-Mark DESIGNS
テンマクデザイン公式コメントにあるように、厚さがたったの2ミリしかありません。
ワイルドワンで実物を確かめてきましたが、『ペラッペラ過ぎて買う気がしない』商品でした。
形状が特殊なので自作が困難なアイテムですが、厚紙程度のマットに8,000円は出せません。
このクオリティならせめて半額にしていただきたいです。
テンマクデザインの『中途半端な商品は作りたくない』という考えは理解できますが、特徴が尖すぎて、必要最低限の性能を担保していないのでは?と感じる商品です。

まとめ

4/5インナーセットは従来のサーカスインナーテントの弱点を克服した素晴らしい商品です。

サーカスユーザーでインナーテントの購入を考えている方には強くオススメできます。

一方で、4/5インナーマットはかなりクセのある商品です。

4/5インナーマットのウリはコンパクトさというのは分かります。

でも、普段からデカくて重いサーカスTCを使用している私としては、サーカスにコンパクトさを求めていません。

快適性を追求し、もう少しクッション性を持たせて欲しかったです。

とはいえ自作するのは難しそうだから、そのうち買っちゃうかもしれませんがね。

何にしろ早くキャンプで実践投入したいところです。

ではまた!

徹底紹介!大人気テント『サーカスTC・サーカスTCDX』全モデルを解説! 出典:tent-Mark DESIGN 大人気テント『サーカスTC』そして『サーカスTCDX』 一時期は常に売り切れ状態...
ABOUT ME
村のカズさん
松戸市在住40代男性キャンパー。ソロキャン7割・ファミキャン3割で、年に20泊ほどキャンプしています。「ソロキャンもファミキャンも楽しみたい」世のお父さんキャンパーの為にブログを立ち上げました。